十四万四千人とはどういう人たちですか?




質問: 十四万四千人とはどういう人たちですか?

答え:
黙示録はいつでも解釈する人たちにチャレンジを与えてきました。この書物は、生き生きとしたイメージと象徴に満ちていて、人々はこの書物に対する先入観によって違った解釈をしてきました。黙示録の主要な解釈は4つあります。1)プリテリスト(過去主義者):黙示録のすべてのできごと、またはほとんどのできごとは、1世紀の終わりまでに起こったと見る解釈。2)ヒストリシスト(歴史主義者):黙示録を使徒の時代から今日までの教会史の概要とする解釈。3)アイデアリスト(理想主義者):黙示録を善と悪の間の戦いの描写であるとする解釈。4)フーチャリスト(未来主義者):黙示録はこれから起こるできごとの預言であるとする解釈。これら4つのうち、未来主義的アプローチだけが黙示録を聖書のほかの部分と同じ文法的・歴史的方法で解釈します。このアプローチは、黙示録自体が預言であると主張していることによりよく合致します(黙示録1:3、22:7、10、18、19)。

「十四万四千人とはどういう人たちですか?」という質問への答えは、黙示録にどの解釈をもってあたるかによって変わってくるでしょう。未来主義的アプローチ以外ではどれも、十四万四千人は教会の代表であり、十四万四千という数字は教会のすべてを象徴する数字である ―― たとえば完全数のような ―― と解釈します。しかし額面どおりにとれば、「それから私が、印を押された人々の数を聞くと、イスラエルの子孫のあらゆる部族の者が印を押されていて、十四万四千人であった」(黙示録7:4)とあり、この箇所からは、この十四万四千人を文字通りのユダヤ人の数、つまり「イスラエルの子孫」のひとつひとつの部族からの一万二千人とする以外にほかの解釈は出てきません。新約聖書には、教会がイスラエルに取って代わると明記した本文はどこにもありません。

これらのユダヤ人たちは印を押されていますが、これはすべての天的な裁きと反キリストからの神の特別な守りを意味しています。これは、大艱難の間に彼らが宣教するために与えられるものです(黙示録6:17で、人々がだれがこれから来る神の怒りに耐えられるだろうと思うところを参照のこと)。大艱難の時代とは、神がご自身を拒んだ者たちを裁き、イスラエル民族の救いを完成させられる7年間のことです。これらすべては、預言者ダニエルに対する神の啓示によります(ダニエル9:24−27)。この十四万四千人のイスラエルは、以前に預言された救われたイスラエル(ザカリヤ12:10、ローマ11:25−27)の中のいわゆる「初穂」(黙示録14:4)であり、彼らの使命は、携挙後の世界で大艱難の間に福音を宣べ伝えることなのです。彼らのミニストリーの結果、何百万人という人々、「・・・あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大勢の群衆が」(黙示録7:9)キリストの信仰に入ります。

十四万四千人に関する混乱のほとんどは、エホバの証人の間違った教理の結果です。エホバの証人は、キリストとともに天国で統治し、永遠に神とともに過ごす人々は十四万四千人に限られていると主張します。この十四万四千人がエホバの証人の言う天国の希望を持っていると言うのです。この十四万四千人に入っていない人々は、地上の希望、つまりキリストとともに十四万四千人が治める地上の楽園を享受すると言います。明らかにエホバの証人は、死後の世界を支配階級(十四万四千人)と支配される人々とで構成される、階級社会であると設定する教えをしていることが分かります。 聖書はそのような「二階級」の教理などは教えていません。黙示録20:4によれば、千年王国をキリストとともに支配する人々がいることは真実です。これらの人々は、教会(キリストの信者)と、旧約聖書の聖徒たち(キリストの初めの来臨前に死んだ信者)と、大艱難の聖徒たち(大艱難の間にキリストを受け入れた人々)とで構成されます。しかし、聖書にはこのグループの人々の人数制限はされていません。さらに、千年王国は、千年が終わったときに始まる永遠の段階とは違います。そのときには、神が私たちとともに新しいエルサレムに住まわれます。この方が私たちの神となり、私たちはこの方の民となります(黙示録21:3)。キリストにあって私たちに約束され、聖霊をもって証印を押された相続財産(エペソ1:13−14)は私たちのものとなり、私たちすべてはキリストとともに共同相続人となるのです(ローマ8:17)。



日本語のホームページに戻る



十四万四千人とはどういう人たちですか?