聖書の書物の著者は誰ですか?




質問: 聖書の書物の著者は誰ですか?

答え:
究極的には、人間の著者を超えて、聖書は神によって書かれました。IIテモテ3:16には、聖書は神の「霊感による(訳注:英語では『息を吐き出すように神によって吐き出された』となっています)」と書かれています。神が聖書の人間の著者を監督されました。それは、彼ら独自の文章形体と個性を使いながらも、彼らが神の計画されたとおりを記録 するためでした。聖書は、神の口述筆記ではありませんが、神によって完璧に導かれ霊感されたものなのです。

人間的に言えば、聖書はおよそ40人のそれぞれ違った背景を持つ男たちによって、1500年に渡って書かれました。イザヤは預言者、エズラは祭司、マタイは取税人、ヨハネは漁師、パウロは天幕作り、モーセは羊飼い、ルカは医者でした。15世紀に渡り、違う著者たちによって書かれていながら、聖書には矛盾がなく、また間違いもありません。著者たちはすべて違う見地を提供していますが、彼らはみんな同じひとりの本当の神と、同じひとつの救いの道であるイエス・キリストとを宣言しています(ヨハネ14:6、使徒行伝4:12)。聖書の中のいくつかの書物には特別に著者の名前がついています。以下に、聖書学者によって誰がもっともふさわしいと考えられる著者であるかの名前と、書かれたおおよその年代を上げておきます。

創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記 = モーセ − 紀元前1400年
ヨシュア記 = ヨシュア − 紀元前1350年
士師記、ルツ記、Iサムエル記、IIサムエル記 = サムエル/ナタン/ガド − 紀元前1000−900年
I列王記、II列王記 = エレミヤ − 紀元前600年
I歴代誌、II歴代誌、エズラ記、ネヘミヤ記 = エズラ − 紀元前450年
エステル記 = モルデカイ − 紀元前400年
ヨブ記 = モーセ − 紀元前1400年
詩篇 = 数人の著者、主にダビデ − 紀元前1000−400年
箴言、伝道者の書、雅歌 = ソロモン − 紀元前900年
イザヤ書 = イザヤ − 紀元前600年
エレミヤ書、哀歌 = エレミヤ − 紀元前600年
エゼキエル書 = エゼキエル − 紀元前550年
ダニエル書 = ダニエル − 紀元前550年
ホセア書 = 紀元前750年
ヨエル書 = 紀元前850年
アモス書 = アモス − 紀元前750年
オバデヤ書 = オバデヤ − 紀元前600年
ヨナ書 = ヨナ − 紀元前700年
ミカ書 = ミカ − 紀元前700年
ナホム書 = ナホム − 紀元前650年
ハバクク書 = ハバクク − 紀元前600年
ゼパニヤ書 = ゼパニヤ − 紀元前650年
ハガイ書 = ハガイ − 紀元前520年
ゼカリヤ書 = ゼカリヤ − 紀元前500年
マラキ書 = マラキ − 紀元前430年
マタイによる福音書 = マタイ − 55年
マルコによる福音書 = ヨハネ・マルコ − 50年
ルカによる福音書 = ルカ − 60年
ヨハネによる福音書 = ヨハネ − 90年
使徒行伝 = ルカ − 65年
ローマ人への手紙、Iコリント人への手紙、IIコリント人への手紙、ガラテヤ人への手紙、エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙、コロサイ人への手紙、Iテサロニケ人への手紙、IIテサロニケ人への手紙、Iテモテへの手紙、IIテモテへの手紙、テトスへの手紙、ピレモンへの手紙 = パウロ − 50−70年
へブル人への手紙 = 著者不詳、おそらくパウロ、ルカ、バルナバ、またはアポロの誰か − 65年
ヤコブの手紙 = ヤコブ − 45年
Iペテロの手紙、IIペテロの手紙 = ペテロ − 60年
Iヨハネの手紙、IIヨハネの手紙、IIIヨハネの手紙 = ヨハネ − 90年
ユダの手紙 = ユダ − 60年
黙示録 = ヨハネ90年



日本語のホームページに戻る



聖書の書物の著者は誰ですか?