カインの妻は誰ですか?カインの妹だったのですか?




質問: カインの妻は誰ですか?カインの妹だったのですか?

答え:
聖書は、特にカインの妻が誰であったとは言っていません。唯一の可能性として、カインの妻は彼の妹、姪、または兄弟の孫娘など、、、ということになります。聖書はカインがアベルを殺した時、何歳であったか記録していません。(創世記4章8節) 二人とも、農夫だったので、充分成長した大人であり、それぞれ家族を持っていたと思われます。 アベルが殺された時、アダムとエバには、ただカインとアベルだけではなく、きっともっと多くの子供がいたでしょう。あとになって、もっと多くの子供が生まれています。(創世記5章4節) アベルを殺したあと、カインが自分の命が狙われると恐れているという事実(創世記4章14節)は、その頃にはアダムとエバに多くの子供たち、たぶん孫やひ孫たちまでもいたであろうということを示しています。カインの妻は(創世記4章17節)アダムとエバの娘か孫娘だったのです。

アダムとエバは最初で唯一の人類だったので、その子供達は親族同士で結婚するしか選択がなかったのです。 神は、ずっと後になって人口が増えて、親族間での結婚が必要でなくなるまで、親族間の結婚を禁じてはおられなかったのです(レビ記18章6−18節)。親近交換で生まれた子供に遺伝子の異常がよくみられる理由は、同じ様な遺伝子を持った男女(たとえば兄弟姉妹)が同様な遺伝子の欠陥を持っているので、その子供に遺伝子の異常が他の夫婦よりはるかに起こりやすいのです。違った家族から出た夫婦の子供は、両親に同じ遺伝子の欠陥があることはほとんどないので問題はないのです。人間の遺伝子コードは、遺伝子の欠陥が増し加わって拡大して世代から世代へと、伝わってきたので、何世紀もの時間を経て今日では非常に‘汚染’されています。アダムとエバには何の遺伝子の欠陥もなかったので、彼らも最初の次の何世代も今の私達よりもはるかに良い健康 を保つことができたのです。アダムとエバの子供達も、もしあったとしても、ほんの少しの遺伝子欠陥しかなかったのです。それで、彼らが家族間で結婚しても安全だったのです。カインの妻がカインの妹だったと言うことはヘンな話で、また気持ち悪いと思うかもしれません。初めに、神がひとりの男と一人の女で始められたので、次の世代は自分達の家族間で結婚するしか選択がなかったのです。



日本語のホームページに戻る



カインの妻は誰ですか?カインの妹だったのですか?