キリスト教護教論とは何ですか?




質問: キリスト教護教論とは何ですか?

答え:
護教学(または護教論)ということばは、基本的には「弁解、弁証する」というギリシャ語からきています。それで、キリスト教護教学とは、キリスト教信仰を弁護する科学ということになります。 神の存在を疑ったり、聖書の神を信じる信仰を攻撃したりする懐疑論者たちがたくさんいます。また聖書が霊感によって書かれ、間違いのないことに対して攻撃する評論家も多くいます。うその教理を奨励し、キリスト教信仰の鍵となる真理を否定する偽教師も多くいます。キリスト教護教学の任務はこれらの運動に対して戦い、キリスト教の神とキリストの真理を奨励することなのです。

キリスト教護教学の鍵となる聖句は、第1ペテロ3章15節と言えるでしょう。「むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。ただし、優しく、慎み恐れて、また正しい良心を持って弁明しなさい。、、、」クリスチャンが自分の信仰を弁明できないという言い訳は何もありません。クリスチャンなら誰でも、自分のキリストに置いた信仰について、ある程度、適正に説明できるはずです。もちろん、すべてのクリスチャンが護教学の専門家でなければならないというわけではありません。しかし、クリスチャンなら、誰でも、自分が何を、なぜ信じるか、その信仰をほかの人にどう説明するか、うその教えや攻撃から、その信仰をどうやって弁護するか知っておくべきです。

キリスト教護教論のふたつめの一面は、しばしば無視されがちなことですが、第1ペテロ3章16節の部分です。「ただし、優しく、慎み恐れて、、、」キリスト教信仰を護教論を用いて弁護するとき、無礼であったり、怒ったり、軽蔑の態度でするべきではありません。キリスト教護教学を学ぶとき、強い弁護ができるようにと戦うべきですが、同時に、キリストに似た者らしく、弁護を述べるべきなのです。もし、議論に勝っても、私たちの態度で相手をキリストからもっと離れたところにおくようなことにでもなれば、キリスト教の護教学の真の目的を失ったことになります。

キリスト教護教学には主に二つの方法があります。第一に、古典的護教学と普通呼ばれるものですが、キリスト教のメッセージが真理であるということの証拠や証明を提示することです。 二番目は、「仮定的護教学」と普通呼ばれるもので、反キリスト教の立場の裏にある仮定、(前もって推定した考え、前提とした予想)に対決する方法のことです。この二つの方法の支持者たちは、互いにどちらがより効果的かよく議論します。相手や状況によって、両方の方法を使い分けたほうがずっと効果があるように思えるのですが。

キリスト教護教学とは、単に、キリスト教の信仰と真理を、それに反対する人に対して道理的に弁護することなのです。キリスト教護教学はキリスト者の生活においてどうしても必要な一面なのです。私たちは皆、福音を述べ伝えて信仰を弁護するために整えられているようにと命令を受けているのです。(マタイ28章18−20節;第1 ペテロ3章15節)これこそがキリスト教護教学の要素なのです。



日本語のホームページに戻る



キリスト教護教論とは何ですか?