なぜクリスチャンはみな偽善者なのでしょうか?




質問: なぜクリスチャンはみな偽善者なのでしょうか?

答え:
多分,「偽善者だ」という非難、これほど挑発的な非難はないでしょう。残念ながら、クリスチャンはみな偽善者だという考えは正当だと思う人もいます。「偽善者」ということばは、英語の単語の中で豊かな伝統を持っています。このことばは、「演技、振りをする」という意味のラテン語、ヒポクリシーズから来ています。もっと前には、古典ギリシャ語と新約聖書のギリシャ語の両方の中に出てきます。そして、ある役割の演技をする、振りをするという全く同じ意味があります。

主イエスはこのことばを同様に用いられました。例えば、天のみ国の民に、祈り、断食、施しについて教えられたとき、偽善者たちのするようにするなといわれました。(マタイ6章2,5、16節)公の場で延々と祈ったり、異常なほどに気を使ってほかの人が自分の断食していることに気付くようにしたり、会堂や通りで人に見せるために貧しい人に施しをしたり、神殿へのささげ物を見せびらかしてささげたりして、彼らはただ表面的にだけ主に結びついていることを示しています。パリサイ人は公に宗教的道徳の模範としての劇的役割は見事に演じていましたが、本当の美徳の宿る心の世界においては惨めに失敗してしまいました。(マタイ23節13−33節;マルコ7章20−23節)

イエスが自分の弟子たちを「偽善者」と呼ばれたことは一度もありません。「偽善者」という名は、間違った指導を受けて宗教に熱狂している者たちだけに使われました。それよりも主はご自分の者を「つき従う者」、「幼子」「羊」そして自分の「教会」と呼ばれました。 それに加え、新約聖書の中には偽善の罪に関して警告が出てきます。(第1ペテロ2章1節) また、教会内での見え透いた偽善の例が二つ記録されています。使徒伝5章1−10節で、二人の弟子が実際よりももっと気前がいい振りをしたことがあばかれています。その結果は非常に厳しいものでした。それから、こともあろうに、ペテロが 異邦人の信者たちの扱いにおいて、偽善者の行動を自分がしただけではなく、他の人をも引き入れたことで責められています。(ガラテヤ2章13節)

新約聖書の教えから見ると、少なくとも二つの結論に達することができます。ひとつは自称クリスチャンの中にも偽善者がいるということ。自称クリスチャンという偽善者は始めからいたのです。イエスの毒麦と麦のたとえによると、彼らは確かに世の終わりまで存在するのです。(マタイ13章18−30節) また、使徒でさえ偽善の罪を犯すかもしれないのなら「普通の」クリスチャンがその罪から免れるという理由はありません。私たちは同じ誘惑に陥らないように気をつけて、見張っていなくてはなりません。(第1コリント10章12節)

もちろん、クリスチャンだと称する人みなが、必ずしも本物のクリスチャンではないのですが。クリスチャンの中で有名な偽善者たちは、多分みな、またはほとんどが実はその振りをしていた人か惑わし者だったのです。今日でも、有名なクリスチャンリーダーの人たちがひどい罪に陥っています。 経済的、性的スキャンダルがクリスチャン社会を疫病のごとく悩ませているように見えるときがあります。

しかしながら、少数の人たちの行いを見て、クリスチャン社会全体の名誉を毀損する代わりに、私たちは、クリスチャンと自称する人たち全部が本当にクリスチャンであるのかどうか問う必要があります。聖書の数多い 箇所で、真にキリストに属する者は御霊の実を表すと宣言しています。(ガラテヤ5章22−23節)マタイ13章での種と土地についてのたとえは、信仰告白する者のすべてが必ずしも本物のクリスチャンではないことを明白に教えています。 悲しいことに、キリストに属すると告白している多くの人が、いつの日か、主が「わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け。」と言われるのを聞いて愕然とするでしょう。(マタイ7章23節)

二番目に、実際にはそれほど聖くないのにその振りをしている人たちがクリスチャンと自称しているということは驚くことではないのですが、それで教会にはほとんど偽善者しかいないという結論に達することはできません。イエスキリストの名前を信じる私たちクリスチャンが罪を赦された後でもまだ罪を犯すことは確かにあります。つまり、私たちは罪のための永遠の罰を免れた(ローマ5章1節;6章23節)のですが、私たちの生活にある罪、(偽善の罪をも含める罪)の存在からはまだ開放されていないのです。(第1ヨハネ1章8−9節)主イエスに置く生きた信仰を通して、私たちは最終的に解放されるまで、罪の力に打ち勝ち続けるのです。 (第1ヨハネ5章4,5節)

すべてのクリスチャンは聖書の教えの水準に沿った生活を完璧にするのではありません。誰も完璧にキリストに似た人はいません。しかしながら、中には心からクリスチャン生活を求め、ますます聖霊の力に頼って変えられて力を得ようとしているクリスチャンが多くいます。過去にもスキャンダルなくクリスチャン人生を生きてきた人たちが大勢います。完全なクリスチャンは一人もいませんが、この世で間違いを犯し、完璧さに到達しなかったことと偽善者であることは同じことではありません



日本語のホームページに戻る



なぜクリスチャンはみな偽善者なのでしょうか?