クリスチャンの黙想とは何ですか?




質問: クリスチャンの黙想とは何ですか?

答え:
詩篇19篇14節は「私の口のことばと、私の心の思い(黙想)とが御前に受け入れられますように。わが岩、わが贖い主、主よ。」と言っています。それでは、クリスチャンの黙想とは、何のことででしょう?クリスチャンはどのように黙想すべきなのでしょうか? 残念ながら、「黙想」ということばは、何か神秘的な意味を感じさせます。ある人たちは、黙想とは、異常な姿勢で座って、頭の中をを空っぽにすることだと思っています。中には、黙想とは私たちを取り囲む霊の世界と交わることだとする人もいます。このような黙想の概念は、クリスチャンの黙想の特徴では絶対にありません。

クリスチャンの黙想は、東洋的神秘主義を基礎とするやり方とは何の関係もありません。そのようなやり方をするグループは数ありますが、 彼らは、みことばを通してではなく、黙想することで個人的な啓示を得て「神の声を聞く」必要があるという危険な前提をその中心に持っています。 中には、「主のことば」を聞いていると思っている人であふれた教会もあります。そのような「主のことば」は互いに相反することが多く、キリストの体である教会を絶え間なく分裂させる結果になっています。クリスチャンはみことばを捨てることはできません。みことばは「すべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべてよい働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」(第2テモテ3章16−17節)聖書が私たちが良い働きをするために整えられるのに十分であるのなら、どうして聖書の代わりに神秘的な体験をして、またはそれに追加する必要があると思えるのでしょうか?

クリスチャンの黙想は、みことばとそのみことばが神について何を現しているかだけを黙想すべきなのです。ダビデにはこのことがわかりました。幸いな人は、「主の教えを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ (思い巡らす。)」といいました。(詩篇1章2節)真のクリスチャンの黙想とは、積極的な考慮の過程です。それによって、みことばの学びを熱心にし、みことばを通して祈り、御霊によって理解を下さるようにとお願いすることなのです。御霊は「すべての真理に」導いてくださると約束されています。(ヨハネ16章13節) そうして、毎日の行動の中で、聖書を生活のための、また実践の規則として、聖書に自分をゆだね、真理を実行していくのです。 そうすることで、私たちは聖霊に教えられ、神に関することにおいて成長することになります。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンの黙想とは何ですか?