キリスト教とは何か? クリスチャンは何を信じるのか?




質問: キリスト教とは何か? クリスチャンは何を信じるのか?

答え:
コリント人への第一の手紙15章1—4節に、『兄弟たち、わたしがあなたがたに告げ知らせた福音を、ここでもう一度知らせます。これは、あなたがたが受け入れ、生活のよりどころとしている福音にほかなりません。どんな言葉でわたしが福音を告げ知らせたか、しっかり覚えていれば、あなたがたはこの福音によって救われます。さもないと、あなたがたが信じたこと自体が、無駄になってしまうでしょう。最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと(です。)』(新共同訳) と書かれています。

これが、キリスト教信仰の基です。キリスト教の信仰は、他のあらゆる宗教と異なる独特なもので、宗教的なしきたりを守ることではなく、神との関係を持つことなのです。クリスチャンの目標は、「すべきこと、してはならないこと」といったような決まりを守ることではなく、父なる神との関係を親密に深めて、共に歩んでいくことです。この関係は、イエス・キリストが私達のために成されたことのおかげで可能になり、そしてクリスチャン生活をとおしての聖霊の働きによって可能となります。

聖書は霊的で、間違いのない神の御言葉であり、その教えには絶対的な権威があると、クリスチャンは信じます。(テモテへの手紙第二3章6節、ペテロの手紙第二1章20—21節) クリスチャンはまた、父、子(イエス・キリスト)、聖霊の三つの人格を持つが唯一である神様を信じます。

また、人間は神様と関係を持つものとして創造されたが、罪によって全ての人が神様から引き離された、とクリスチャンは信じます。(ローマ人への手紙5章12節、3章23節)また、イエス・キリストが100%神でありながら、100%人としてこの地上で歩み(ピリピ人への手紙2章6—11節)、十字架で死なれたことを、キリスト教は教えています。十字架での死の後、イエス様は墓に葬られたが甦り、今も父なる神の右の座にいて生きておられ、信じる者のために、いつまでもとりなしてくださっているということも、クリスチャンが信じていることです。(ヘブライ人への手紙7章25節) そして、十字架でのイエス様の死は、全ての人の罪の代価を完全に償うのに十分であり、これによって人と神様の壊れた関係が修復されるのだと、キリスト教は宣言します。(ヘブライ人への手紙9章11—14節、10章10節、 ローマ人への手紙6章23節、5章8節)

救いを受けるためには、キリストが十字架で成し遂げられたことをただそのまま信じなければなりません。もしあなたが、キリストはあなたの罪の代価を払うために、あなたの身代わりとなって死なれ、甦られたと信じるのなら、あなたは救われるのです。これ以外、救いを受けるための方法は、何もありません。私達は 皆、罪人であるため、どんな人も自分の力で神様に喜ばれる『十分』な者になることはできないのです。(イザヤ書64章6—7節、53章6節) そして、キリストが全てのことを成してくださったおかげで、他になされるべきことは、もう何もないのです!イエス様は十字架の上で言われました。『完了した』と。(ヨハネによる福音書19章30節)

人が救いを受ける方法が他にないのと同様に、キリストが十字架で成されたことを心から信じて受けた救いは、誰にも取り去ることはできません。もう一度言います。キリストによって全ては成し遂げられたのです!救いとは、それを受ける人によって影響されるようなものではありません!ヨハネによる福音書10章27-29節に、『わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。』 (新共同訳)とあります。

「これはすごい。一度救われれば、あとは好き勝手やったってその救いは失われないんだ。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし救いとは、自分の好き勝手をするために自由になるということではありません。救いとは、それまで服従してきた罪の本質から解放され、自由に神様との正しい関係を追求することです。信じる者も、その罪だらけの肉体でこの地上に生きている限り、罪との奮闘を繰り返すでしょう。罪の中で生きることは、神様が求めている人間との関係の妨げとなり、信じながらも罪の中に生きていくなら、その人は、神様が求めている自分との関係を楽しむことができないでしょう。けれども、生活の中で神様の御言葉(聖書)を学び実行していくことや、聖霊に支配されること(日々の境遇の中で、霊の影響と導きに従い、聖霊の働きによって御言葉に従うこと)によって、クリスチャンは、罪との奮闘に対して勝利を得ることができるのです。

したがって、様々な他の宗教は、「すべきこと、してはならないこと」を人に要求しますが、キリスト教とは、神様との関係を持つことです。そしてキリストがあなた自身の罪の代価として十字架で死に、甦ったのだと信じることなのです。あなたの罪が償われると、あなたは神様と交わりを持つことができます。あなたはその罪の本質に対して勝利を得ることができ、また、神様と交わりつつ、主に従って歩んでいくことができるのです。これが真の聖書の教えるキリスト教なのです。



日本語のホームページに戻る



キリスト教とは何か? クリスチャンは何を信じるのか?