神は心変わりしますか?




質問: 神は心変わりしますか?

答え:
マラキ3:6に「主であるわたしは変わることがない。ヤコブの子らよ。あなたがたは、滅ぼし尽くされない。」と宣言されています。同じように、ヤコブ1:17には「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は主から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません。」と言われています。民数記23:19はこれ以上できないほどはっきりしています。「神は人間ではなく、偽りを言うことはない。人の子ではなく、悔いることがない。神は言われたことを、なさらないだろうか。約束されたことを成し遂げられないだろうか。」神は心変わりすることはありません。これらの節は、神が変わらず、変わらされることのない方であることを主張しています。

では、創世記6:6のような節をどのように説明したらよいのでしょうか?「それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。」また、ヨナ3:10にはこう書かれています。「神は、彼らが悪の道から立ち返るために努力していることをご覧になった。それで、神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。」同様に、出エジプト32:14には「すると、主はその民に下すと仰せられたわざわいを思い直された」と宣言されています。これらの節は、主が何かを「悔いた(思い直された)」ことを語っており、神の不変の教理に相反しているように見えます。しかしながら、これらの節をもっと詳しくひも解くと、これらは神が変わりうることを示しているのでないことが明らかになります。「悔いる」とか「思い直す」と訳されていることばは、原語のへブル語の表現で「気の毒に思う」ということばです。何かに対して気の毒に思うことは、変化が起こったことを意味するわけではありません。単に、何かの出来事が起こったことに対して残念だと思うということです。

創世記6:6を考えて見ましょう。「・・・主は、地上に人を造ったことを悔やみ、(心を痛められた。)」この節は、「心を痛められた。」とさえ言っているのです。この節は、神が人間を創造されたことを悔やまれたと宣言しています。しかしながら、明らかに主はご自身の決断を変えることはなさいませんでした。その代わり、ノアを通して神は人間が存在し続けることを許されました。私たちが今日生きているという事実は、神が人間を創造することに関して心を変えられなかったことの証拠です。また、この箇所のコンテキストは、人間が生きていた罪深い状態の説明であり、人間の罪深さが神の憂いのきっかけになったのであって、人間の存在自体がきっかけなのではありません。ヨナ3:10を考えて見ましょう。「・・・(神はあわれみをもっておられて)神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。」ここでも、「気の毒に思う」と訳せる同じへブル語のことばが使われています。神は、なぜご自分がニネベの人々のために計画したことに関して気の毒に思われたのでしょう?それは、彼らが心を変え、その結果として自分たちの不従順の生活を従順な生活へと変えたからなのです。 神は全く終始一貫しています。神はニネベが邪悪だったために彼らを裁くところでした。しかしながら、ニネベが悔い改め自分たちの生活を変えたのです。その結果として、神はニネベをあわれまれたのです。これは、神のご性質に完全に合致しています。

ローマ3:23は、すべての人は罪を犯し、神の基準から落ちてしまっていると教えています。ローマ6:23は、このことの結果は死(霊的・肉体的な)であると述べています。ですから、ニネベの人々は当然罰せられるべきでした。私たちすべてがこの状況に直面しています。自分が罪を犯すことを選択することで、私たちは神から引き離されるのです。人は自分の苦境を神のせいにすることはできません。ですから、ニネベの人々が罪を犯し続けているのに彼らを罰しないというのは、神のご性質に相反することです。しかしながら、ニネベの人々が従順になったので、そのために、主はもともとご計画しておられた彼らへの罰を彼らにくださないことを選択されたのです。ニネベの人々に起こった変化が神の行動を強制したのでしょうか? まったくそんなことはありません!神は人間に対してどんな義務も負ってはおられません。神は善であり正しい方であるので、ニネベの人々が心を入れ替えた結果彼らを罰しないことを選択されたのです。この聖書の箇所が神は変わることがないという事実を指摘していますが、主がニネベの人々の命を保たれなかったとしたら、それこそ神のご性質に反することになったでしょう。

神が心を変えられたと思えるように解釈している聖書箇所は、神のとられた行動を説明しようとする人間の試みなのです。神は何かをしようとしておられたけれども、その代わりになにか他のことをされました。私たちにとっては、変化のように響きます。しかし、全知で全権を持っておられる神にとって、それは変化ではありません。神はいつでもご自分がどんなことをされるかご存知です。神は、人類にご自身の完全なるご計画を成就させるために必要なことをなさいます。「・・・終わりのことを初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、『わたしのはかりごとは成就し、わたしの望む事をすべて成し遂げる』と言う。・・・わたしが語ると、すぐそれを行い、わたしが計ると、すぐそれをする。」(イザヤ46:10−11)神はニネベがそのことによって悔い改めることをご存知の上で、ニネベを滅ぼすと脅されました。神は、モーセがとりなすことをご存知の上で、イスラエルを滅ぼすと脅されました。神はご自分の決定を公開されることはありませんが、神の決定に応答して時として人が行うことによって神は悲しまれるのです。神は、ご自分の心を変えられるどころか、私たちの行動に応えて、神のことばと終始一貫した行動をとられます。



日本語のホームページに戻る



神は心変わりしますか?