神はすべての人を愛しておられるのですか?それともクリスチャンだけですか?




質問: 神はすべての人を愛しておられるのですか?それともクリスチャンだけですか?

答え:
ある意味で、神は世界中のすべての人を愛しておられます(ヨハネ3:16、Iヨハネ2:2、ローマ5:8)。この愛には、条件はありません。神が愛の神であるという事実だけに基づいた愛です(Iヨハネ4:8、16)。すべての人類に対する神の愛は、神が、それらの人々を彼ら自身の罪によって即座に罰することはしないというあわれみを示された事実が物語っています(ローマ3:23、6:23)。神が人々に悔い改めのチャンスを与えておられるという事実によって、この世に対する神の愛が表されています(IIペテロ3:9)。しかしながら、神がこの世を愛しておられることは、神が罪を無視されるという意味ではありません。神は、正義の神でもあられるのです(テサロニケ1:6)。罪は、いつまでも罰を免れたままいることはありません(ローマ3:25−26)。

もっとも愛に満ちた永遠の行動がローマ5:8に説明されています。「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」誰でも、神の愛を無視し、キリストが救い主であることを拒否し、自分を買い取ってくださった(IIペテロ2:1)救い主を否定する者は、永遠の神の怒りを受けるのであって(ローマ1:18)、神の愛を受けることはありません(ローマ6:23)。神は、すべての人々を無条件で愛しておられるのでそれらの人々を彼ら自身の罪によって即座に罰することはしないというあわれみを示されました。それと同時に、神はイエス・キリストを救い主として信じた人々だけに「契約の愛」を持っておられます(ヨハネ3:36)。イエス・キリストを自分の主であり救い主であると信じている人々だけが、神の愛を永遠に経験するのです。

神はすべての人を愛しておられるのでしょうか?そのとおり。神はノン・クリスチャンよりももっとクリスチャンを愛しておられるのでしょうか?そんなことはありません。神はノン・クリスチャンとは違う範囲でクリスチャンを愛しておられますか?はい、そうです。神は、すべての人に対してあわれみ深い方であるという点で、すべての人を平等に愛しておられます。クリスチャンだけが神の永遠の恵みとあわれみと天国での永遠の愛の約束を受けているという点では、神はクリスチャンだけを愛しておられます。すべての人に対する神の無条件の愛によって、私たちは神を信じ、神がイエス・キリストを救い主として受け入れるすべての人に下さる素晴らしい条件付きの愛を感謝して受け入れるべきなのです。



日本語のホームページに戻る



神はすべての人を愛しておられるのですか?それともクリスチャンだけですか?