聖霊とは誰ですか?




質問: 聖霊とは誰ですか?

答え:
聖霊が誰であるかついては多くの間違った解釈があります。 ある人々は、聖霊を神秘的な力として見ており、またある人々は、聖霊とは神様がキリストの弟子すべてに託される力で、それは人格を持たない単なる力であると理解しています。 それでは聖書は、聖霊について何と言っているのでしょうか。端的に言えば、聖書は聖霊は神だと言っています。 また、聖書は聖霊を知性と感情と意思をもった人格として教えています。

聖霊が神であるという事実は、使徒5章3—4節を含む多くの御言葉の中に明らかにされています。この節でペテロは、アナニアが聖霊を欺いたと口論し、アナニアの行動は人に対してではなく神に対する偽り行為であったと伝えています。ここで明らかにされているのは、聖霊を欺くことは、神を欺くことであるということです。また、聖霊が神の特性と特質とをもつことから、神であるということを知ることができます。例えば、聖霊が全臨であるという事実は、詩篇の139章78節、「私はあなたの御霊から離れて、どこへ行きましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、私がよみにとこを設けても、そこにあなたはおられます。」の中に見られます。そして第一コリント人への手紙2章10節では、聖霊が全知の性質を持つことを知ることができます。「神はこれを、御霊によって私たちに啓示されたのです。御霊はすべてのことを探り、神の深みにまで及ばれるからです。」

聖霊が知性と感情と意志を持つことから、確かに人格を持った方であるという事が解ります。聖霊は考え知り(第一コリント人への手紙2章10節)、悲嘆し(エペソ人への手紙4章30節)、私たちのためにとりなされ(ローマ人への手紙8章 26—27節)、神の御心に従って意思決定されます。(コリント人への手紙第一12章7—11節)聖霊は三位一体のなかの、第三位格です。神である聖霊は、イエス様の約束されたとおり、私達の助け主として働かれるのです。(ヨハネによる福音14章16節、26節、15章26節)



日本語のホームページに戻る



聖霊とは誰ですか?