イエス•キリストって誰?




質問: イエス•キリストって誰?

答え:
イエス·キリストって誰?「神様は存在するの?」という質問と違って、イエスが本当に存在したかを疑問に持つ人は、あまりいません。一般的に、イエスという人間が、およそ2000年前に地球上のイスラエルで生きていたということは、受け入られています。しかし、イエスがいったい誰だったのかという話しになると、論議が起こります。ほとんどの宗教が、イエスは、預言者、良い教師、又は、信心深いお方であると教えています。しかし、聖書は、イエスがはるかにそれ以上のお方であると語っています。

CS ルイスは『キリスト教の精髄』という本の中でこう言っています。「ここで私は、イエス·キリストについてよく人が言う、あのばかばかしいコメントを、もう誰もが言わなくなるようにしたいのです。つまり“私は、イエスは、素晴らしい教師としては受け入れられるが、彼が神であるという主張は、どうも受け入れられない。”というコメントです。これは、決して言ってはならないことです。単なる人間でありながら、イエスの言ったようなことを言う者がいたら、それは、すばらしい道徳の先生なんかではありません。、気違いか — それも自分のことをポーチドエッグだと主張するようなレベルの気違い — または地獄の悪魔同様の人物でしょう。あなたは、この方が、神の息子であるか、または、気違いか、さらにもっとひどい何者かのどれかという選択をしなければいけません。彼をただのばか者だと決めつけるか、つばを吐きかけ悪魔と呼んで殺すか、それとも彼の前にひれ伏して、彼を主である神としてあがめるかの選択です。しかし彼が偉大な教師であるなどという、思い上がったナンセンスだけは言わないようにしましょう。イエスは、私達にそのような選択の余地は与えませんでした。そんな意図は最初からなかったのです。

それでは、イエスは、ご自分をどなただと言っているのでしょうか?聖書は彼がどのような方だと述べているのでしょうか?まず、ヨハネの福音書10章の30節でイエスは「私と父はひとつです。」と言っています。これを聞いただけでは、イエスが自分の事を神だと言っているのではないように思えます。しかし、イエスのこの言葉に対しユダヤ人達はこう言いました。「良いわざのためにあなたを石打ちにするのではありません。冒涜のためです。あなたは人間でありながら、自分を神とするからです。」(ヨハネの福音書10章33節)ユダヤ人達には、イエスが自分のことを神だと言っていたのが解ったのです。しかもこの後、イエスはユダヤ人達を否定して「私は自分が神だとは言わなかった。」などとは言いませんでした。ということは、「私と父はひとつです。」(ヨハネの福音書10章30節)と言うことによって、イエスは自分を神だと認めているのです。ヨハネの福音書8章58節は、もうひとつの例です。イエスは「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、私はいるのです。」と言っています。ここでも、この言葉を聞き、ユダヤ人達はイエスを石で打とうとしました。(ヨハネの福音書8章59節)イエスは自分のことを「わたしはある」という名で呼びました。これは旧約聖書に書かれた神の呼び名です。(出エジプト記3章14節)イエスが自分を神と呼んだからこそ、ユダヤ人達はそれを神への冒涜とし、イエスを石打ちにしようとしたのです。

ヨハネの福音書1章1節に「ことばは神であった。」という箇所があります。ヨハネ1章の14節には、「ことばは人となって」という箇所があります。これは、イエスが、人であり神様であったということを述べています。イエスの弟子であるトマスは、イエスのことを「私の主。私の神。」(ヨハネの福音書20章28節)と呼んでいます。これについてイエスは、反論してません。使徒パウロは、「大いなる神であり私たちの救い主であるイエス·キリスト」(テトス2章13節)と述べています。使徒ペテロはも同じように「私たちの神であり救い主であるイエス·キリスト」(第二ペテロ1章1節)と述べています。そして父なる神様が、イエス様がどのようなお方であるかを述べています。「御子については、こういわれます。神よ。あなたの御座は世々限りなく、あなたの御国の杖こそ、まっすぐな杖です。」イエスの神性について旧約聖書には次のように述べられています。「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は、不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君と呼ばれる。」

それゆえ、CS ルイスが論議したように、イエスがただの良い教師であると信じることは、論外です。イエスは、明らかに間違いなく、自分が神であると言っています。もし、イエスが神でないなら、彼は、うそつきになり、預言者でも、良い教師でも、信心深いお方でもなくなります。イエスの言葉を打ち消すために、現代の「学者たち」は、「本当の歴史上のイエス」は、そんなことは言っていなかったなどと言います。聖書に書かれたイエスの言葉を疑う権利など私達にはありません。イエスの時代から2000年も後に生きる「学者」が、イエスと共に生き、イエスに仕え、イエス自身に教えられてきた弟子達よりも、イエスのことがよく分かっているはずがないのです。(ヨハネの福音書14章26節)

どうして、イエスが誰なのかという質問がそんなに大切なのでしょうか。イエスが神なのかどうかがそんなに重要なのでしょうか。イエスが神でなければいけない一番大切な理由は、もし、彼が神でなければ、イエスの死は、全世界の罪を背負うのに十分ではなかったことになります(第一ヨハネ2章2節)。神様がだけが、そのような無限の罰を背負うことができるからです(ローマ人への手紙5章8節、第二コリント5章21節)。イエスは、私たちの罪を背負うために神でなければいけなかったのです。同時に、イエスは、死ぬために、人間でなければいけなかったのです。救いはイエスへの信仰によってのみ与えられます!イエスの神性は、なぜ、彼が救いのための唯一の道であるか を現しています。イエスは神だからこそ、「私が道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」(ヨハネによる福音書14章6節)と言ったのです。



日本語のホームページに戻る



イエス•キリストって誰?