イエスは結婚していたのですか?




質問: 「本質的結合」とは、神の御子イエスがどうやって人のかたちを取り、同時になおかつ完全に神であるということを述べるために使われることばです?

答え:
イエスは絶対に結婚したことはありません。イエスがマグダラのマリヤと結婚していたという神話が最近人気を集めています。これはただの神話であって、まったく間違っています。神学的にも歴史的、聖書的にも何の証拠はありません。2,3の グノーシス派(異端)福音書の中でイエスとマグダラのマリヤの関係が親しかったとありますが、そのどれも、イエスとマグダらのマリヤが結婚していたとか、恋愛関係があったとか書いてはいません。. 中で、それに最も近いのは、イエスがマグダラのマリヤにキスしたと述べているところですが、それも、友だち同士のようなキスであったと言えるものです。さらに、グノーシス派の福音書に直接イエスはマリヤと結婚していたと書いてあったとしても、その福音書には何の権威もないのです。グノーシス派の福音書は、すべてグノーシス派の見解からのイエスを造りあげようとして書かれたもので、偽の福音書であることがすでに証明されているからです。

もし、イエスが結婚していたなら、聖書がそれを教えていたでしょうし、または、その事実が、あいまいでない表現で記されていたでしょう。聖書がそのような重要な事実についてまったく語らないはずがないのです。 聖書はイエスの母親、法的父親、異父兄弟姉妹について書いています。 それなのに、イエスに妻がいたなどという事実をなぜ記さなかったのでしょう?イエスが結婚していたということを信じたり、教えたりする人達は、イエスをもっと人間的にし、他の誰とも変わらない普通の人にしようとしているのです。彼らはイエスが肉体をとって来られた神だ(ヨハネ1章1、14節;10章30節)ということを、ただ信じたくないだけなのです。.それで、イエスが結婚していて子供を持ち、普通の人であったという神話を発明して信じるのです。

二番目の質問は、「イエスが結婚することができたか?」ということです。結婚することは何の罪でもありません。結婚生活の中で性的関係を持つことには何の罪もありません。だから、もちろん、イエスが結婚していて、なおかつ、罪なき神の子羊、世の救い主になることも可能でした。と同時に、イエスが結婚すべき聖書的理由は何もありません。それは、この議論のポイントではありません。 イエスが結婚していたと信じる人たちは、イエスに罪がなかったとか、イエスがメシヤであるとかは信じないのです。神がイエスを遣わされたのは、結婚して子供をつくるためではないのです。マルコ10章45節に、イエスが来られた理由が書いてあります。「人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。」



日本語のホームページに戻る



イエスは結婚していたのですか?