イエスさまが天国への唯一の道なのですか?




質問: イエスさまが天国への唯一の道なのですか?

答え:
「私は基本的に良い人間です。ですから私は天国に行くでしょう」「私は少し悪いことをしましたが、でも、もっと多くの良いことをしました。だから私は天国に行けるでしょう」「神さまは、私が聖書に従って生活しないからといって地獄に送ることはないでしょう。時代は変わったんだよ」「子どもたちに対する性犯罪者とか殺人犯などの、本当に悪い人たちだけが地獄に行くのよ」

これらはすべて、ほとんどの人々の共通の考えです。しかし、実際のところ、これらは全て偽りです。この世を支配するサタンは、私たちの心にこのような考え方を植えつけます。サタンとサタンの道について行く者たちは誰でも、神の敵なのです(ペテロの手紙第一5章8節)。サタンはいつも良い者のように変装し(コリント人への手紙第二11章14節)、彼は神に属さない人たちの心をコントロールするのです。「この世の神(サタン)が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです」(コリント人への手紙第二4章4節)。

神さまが小さい罪を気にしないとか、地獄は「悪者」のために用意されているというのは偽りです。すべての罪は私たちを神から引き離します。たとえそれが「悪意のない小さな嘘」であってもです。すべての人が罪を犯したので、誰一人として自分の力で天国に入れる人はいないのです(ローマ人への手紙3章23節)。天国に入るということは、悪いことよりも良いことを多くしたという事を基準としているのではありません。もしそうなら、私達全てが失格になるでしょう。「もし恵みによるのであれば、もはや行いによるのではありません。もしそうでなかったら、恵みが恵みでなくなります(ローマ人への手紙11章6節)。私たちには、いくら良いことをしても、天国に行くのには充分ではないのです(テトスへの手紙3章5節)。

「狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこからはいって行く者が多いのです」(マタイの福音書7章13節)。たとえ、みんなが罪の生活を送っていて、神さまを信じるということが広く一般的に行われていないとしても、神さまはそれを大目に見ることはないのです。「そのころは、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩んでいました」(エペソ人への手紙2章2節)。

神さまが世界を創られた時、それは完全でした。すべてが良かったのです。そして、神さまはアダムとエバを造られ、そして彼らに自由な意思を与えました。彼らは、神さまに従うかどうかの選択を持ったのです。しかし、この神に造られた最初の人間、アダムとエバはサタンに惑わされ、神さまに従わず罪を犯したのです。これにより、アダムとエバ(そしてそれ以降に生まれて来た私達を含む全ての人)は、神と親しい関係を持つことができなくなってしまったのです。神さまは完全で神聖な方なので、罪を裁かずにはいられません。罪人として、私たちは自分達の力では天国に入ることはできません。ですから、神さまは私たちに、神さまと天において結ばれる道を備えてくださったのです。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」(ヨハネの福音書3章16節)。「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです」(ローマ人への手紙6章23節)。イエスさまは私たちに道を教えるために生まれ、そして私たちの罪のために死んでくださいました。イエスさまは死の3日後に墓からよみがえり(ローマ人への手紙4章25節)、死に対する彼の勝利を証明されました。イエスさまは、私たちが信じさえすれば、神さまと個人的な交わりを持つことができようにと、神さまと人との切れ目の架け橋になられたのです。

「その永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストを知ることです」(ヨハネの福音書17章3節)。ほとんどの人が神を信じています。サタンでさえもです。しかし、救いを受けるには、神に立ち返り、神との個人的な関係を築き上げ、罪から離れ、そして神に従わなくてはならないのです。すべてにおいて私たちはイエスさまに信頼しなければなりません。「すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません」(ローマ人への手紙3章22節)。聖書は、イエス・キリストを通しての救い以外に他の道がないことを教えています。イエスさまはヨハネの福音書14章6節でこう言っています。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」

イエスさまが救いへの唯一の道です。なぜなら、イエスさまだけが罪の刑罰から私達を贖うことができるからです(ローマ人への手紙6章23節)。他のどの宗教も罪の深さや深刻さ、そして罪の招く結果を教えてはいません。他のどの宗教も、罪に対する無限の償いを与えていません。その償いは、イエス様だけにできることです。他のどの「教祖」も、神から人となった人はいません(ヨハネの福音書1章1節、14節)。神が人になったことによってのみ、その無限の負債の支払いができたのです。私たちの負債を贖うためには、イエスさまは神でなければなりませんでした。死ぬためには、イエス様は人とならなければなりませんでした。救いは、イエス・キリストを信じる信仰を通してのみ与えられるのです!「この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです」(使徒の働き4章12節)。

このサイトを読んで、キリストを受け入れる決意をされた方は、下の「私は今日キリストを受け入れました」 のボタンをクリックしてください。



日本語のホームページに戻る



イエスさまが天国への唯一の道なのですか?