なぜイエスは多くの苦しみを体験しなければならなかったのですか?




質問: なぜイエスは多くの苦しみを体験しなければならなかったのですか?

答え:
イザヤ書52章14節は、「多くの者があなたを見て驚いたように、―――その顔だちは、損なわれて人のようではなく、その姿も人の子らとは違っていた。」と言っています。イエスはその裁判と拷問、十字架刑に至るまで、最もひどい苦しみに会われました。(マタイ27章;マルコ15章;ルカ23章;ヨハネ19章) 肉体的な苦しみもひどかったのですが、イエスが通られた霊的な苦しみに比べたら、それは何でもないほどでした。第2コリント5章21節には、「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちがこの方にあって、神の義徒なるためです。」とあります。 イエスには全世界の罪の重みがのしかかっていたのです。(第1ヨハネ2章2節)イエスが、「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」と叫ばれたのは、罪のせいだったのです。(マタイ27章46節」 だから、肉体的苦しみも残忍ではあったけれども、私たちの罪を背負って、その罰を受けるために死ぬことに比べたら、それは何でもなかったのです。(ローマ5章8節)

イザヤは、明確なことばでキリストの苦しみを預言しています。「彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病いを知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。、、、しかし、彼は、私たちの背きの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」(イザヤ53章3、5節)詩篇22章14−18節は、メシヤの受難を預言した力ある別の箇所です。 「私は、水のように注ぎ出され、わたしの骨々はみな、はずれました。私の心はろうのようになり、わたしの内で溶けました。 私の力は、土器のかけらのように、渇ききり,私の舌は上あごにくっついています。あなたは私を死のちりの上に置かれます。犬どもが私を取り囲み、悪者どもの群れが、私を取り巻き、私の手足を引き裂きました。私は、私の骨を、みな数えることができます。彼らは私をながめ、私を見ています。彼らは私の着物を互いに分け合い、私の一つの着物を、くじ引きにします。」

イエスはなぜあれほどまで苦しまなければならなかったのでしょう?ある人たちは、イエスの肉体的苦しみは私たちの罪のために受けるべき罰の一部だったと言います。ある程度は、それは間違っていません。同時に、イエスの受けられた拷問 は、罪に対する神の罰よりも人間の憎しみと残虐さを示しています。サタンの、神とイエスに対する絶対的な憎しみが、冷酷な拷問と虐待の裏にある動機の一部となっていたことは確かです。イエスに対するひどい虐待と拷問は、罪深い人間が聖なる神に対して感じている怒りと憎しみの究極的な実例なのです。(ローマ3章10−18節)



日本語のホームページに戻る



なぜイエスは多くの苦しみを体験しなければならなかったのですか?