今イエスさまを信じました・・・そして?




今イエスさまを信じました・・・そして?

おめでとうございます!あなたは人生を変える決定をしました! 多分、「それで、これからどうしたらいいの?」と思うかもしれません。どのようにして神さまとともに歩み始めたらいいのでしょうか?これから挙げる5項目は聖書が教える5つのステップです。質問がある時は、http://www.GotQuestions.org/Japanese のウェブサイトへお願いします。

1.救いを理解できたか確認する

ヨハネの手紙第一5章13節に、「私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです。」と書いてあります。神さまは、私たちに救いを理解してほしいのです。神さまは、私たちが救われているという確信を持ってほしいのです。救いのキーポイントを簡単に見てみましょう。

(a) 私たちはみな罪を犯し、神さまから栄誉を受けることができない(ローマ人への手紙3章23節)。

(b) 私たちの罪のゆえ、私たちは罰を受けるべきものであり、神さまから離されたものであった(ローマ人への手紙6章23節)。

(c) イエスさまが十字架で私たちの罪を贖うために死んでくださった(ローマ人への手紙5章8節、コリント人への手紙第二5章21節)。私たちの身代わりとなり、私たちの受けるべき罰を受けてくださった。イエスさまのよみがえりの力は、イエスさまの死が罪の贖いに十分であることを証明している。

(d) イエスさまを信じイエスさまの死は私たちの罪の代価であると信じるすべての者に、神は、赦しと救いを保障している(ヨハネの福音書3章16節、ローマ人への手紙5章1節と8章1節)。

これが救いのメッセージです。もし、イエス·キリストをご自分の救い主と信じたのなら、あなたは救われたのです!あなたのすべての罪は赦され、神さまは決してあなたから離れず背を向けないと約束しています(ローマ人への手紙8章38節〜39節、マタイの福音書28章20節)。あなたの救いはイエス·キリストにあって保障されているのです(ヨハネの福音書10章28節〜29節)。もし、あなたがイエスだけが救い主であると信頼するならば、あなたは永遠に天国の神とともにいるという確信を持つことができるのです!

2.聖書を教える良い教会を探す

教会は建物のことを言うのではありません。教会とは人々のことです。イエス·キリストを信じる者たちが親睦を深めることはとても大切です。それが教会のもっとも重要な目的の1つです。 今、イエスキリストを信じたあなたに、あなたの住んでいる地域にある聖書を信じる教会を探し、牧師と話しをすることを強く勧めます。彼にあなたの新しいイエス・キリストへの信仰を話してみましょう。

教会の2つ目の目的は聖書を教えることです。神の導きをどのようにあなたの生活に適用していくのかを教会で学ぶことができます。聖書を理解するということは、実りある、力にあふれたクリスチャン・ライフを送る鍵です。テモテへの手紙第二3章16節〜17節に、「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです」と書いてあります。

教会の3つ目の目的は礼拝です。礼拝とは神のなされたすべてのことをについて神に感謝することです!神は私たちを救ってくださいました。神は私たちを愛してくださいました。神は私たちに必要なものを与えてくださいます。神は私たちを導いてくださいます。神に感謝しましょう!。神は聖なる方であり、義なる方であり、愛なる方であり、憐み深く、そして恵に満ちています。黙示録の4章11節に、「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころのゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから」と書いてあります。

3.毎日、神と交わる時を持ちましょう

毎日、神と交わる時を過ごすということは大変重要なことです。ある方々はこれを「クワイエット・タイム(静かな時)」と呼んでいます。ほかの方々は「デボーション」と呼びます。それは、私たち自身を神に捧げる時だからです。ある方々は朝に神と交わる時を持つことを好みますし、ほかの方々は夜に神と交わる時を持つことを好むでしょう。その時間を何と呼ぶかとか、その交わりの時をいつ持つかは問題ではありません。問題は定期的に、神との時を持つということです。神との交わりの時には、何をするのでしょうか。

(a) 祈り。祈りとは、単に神に話すことです。神にあなたの心配事や問題を話すのです。神に、知恵と導きが与えられるように求めましょう。神にあなたの必要が備えられるように求めましょう。あなたがどれほど神を愛しているのか、神のしてくださったことに、あたがどれほど感謝しているのか神さまに伝えましょう。それが祈りなのです。

(b) 聖書を読む。教会や、日曜学校や、バイブルスタディーで聖書を教わることのほかに、自分で個人的に聖書を読む必要があります。聖書は、あなたがすばらしいクリスチャン・ライフを生きるために必要なすべてが書かれてあります。聖書には、賢い決定の仕方、神のみこころの知り方、他の方々へのミニストリーの仕方、霊的な成長の仕方など、神の導きが書かれています。聖書は、私たちへの神のことばなのです。聖書とは基本的に、神を喜ばせ、あなた自身も満足できる生き方への、神の手引書なのです。

4.あなたを霊的に助けることのできる人々との関係を築く

コリント人への手紙第一15章33節では「思い違いをしてはいけません。友だちが悪ければ、良い習慣がそこなわれます。」と教えています。聖書は人々が受ける悪い影響についての注意に満ちています。罪深い行動に浸っている人たちと時間を過ごすことは、それらの悪い行動に誘惑される原因となります。周りにいる人達の人格は、私達に大きな影響を与えます。ですから、主を愛し、主に心を捧げている人々に囲まれていることはとても重要なのです。

教会などから、あなたを励ましてくれるようなお友達を探してみてください(ヘブル人への手紙3章13節、10章24節)。そしてそのお友達に、あなたが毎日、神との静かな時間を持っているか、どんな活動をしているか、神と共に歩んでいるかを見守り、励ましてほしいとお願いしてみましょう。あなたもその友達に対して同じことができるか聞いてみましょう。だからといって、イエス・キリストが救い主であることを知らない友人たちとの関係を断ち切りなさいと言っているのではありません。友情を保ち、彼らを愛しましょう。ただ、イエスがあなたの人生を変え、かつてのようなことができないということを彼らに知らせましょう。神に、あなたの友達にイエスのことを分かち合える機会が与えられるように求めましょう。

5.洗礼を受ける

多くの人たちがバプテスマ(洗礼)について、間違った考えをもっています。「バプテスマ」という言葉の意味は水に浸るということです。バプテスマは、あなたがイエスを信じたことを公表し、主に従うという約束をする聖書的なやり方です。水に浸るという行為は、キリストとともに葬られたということを説明しています。水から出るという行為は、キリストの復活を表わしています。バプテスマを受けるということは、イエスの死と、埋葬と、復活に賛同することなのです(ローマ人への手紙6章3−4節)。バプテスマがあなたを救うのではありません。バプテスマがあなたの罪を洗い清めるのではありません。バプテスマは、ただ神への従順の一歩であり、唯一の救いキリストへの信仰を公に言い表すことなのです。バプテスマは重要です。それは、従順の一歩で、キリストにある信仰と、主への献身を公に宣言する事なのです。もし、あなたがバプテスマを受ける用意ができているなら、牧師に話しましょう。



日本語のホームページに戻る



今イエスさまを信じました・・・そして?