どのようにして、なぜ、そしていつサタンは天から落ちたのですか?




質問: どのようにして、なぜ、そしていつサタンは天から落ちたのですか?

答え:
サタンが天から落ちたことは、イザヤ14:12−14とエゼキエル8:12−18に象徴的に説明されています。これらのふたつの箇所は、特にバビロンとツロの王たちを指していますが、これらの王たちの背後にある霊的な力、言い換えれば、サタンをも指しています。Tこれらの箇所にはなぜサタンが落ちたのかが説明されていますが、その堕落がいつ起きたかについては特にかかれていません。私たちに分かっていることは、次のことです。天使たちは、地球の前に創造されたこと(ヨブ38:4−7)。サタンは、アダムとエバを園で誘惑する前に堕落したこと(創世記3:1−14)。ですから、サタンの堕落は、天使たちが創造されてからサタンがアダムとエバをエデンの園で誘惑する前までの間に起こったはずです。サタンの堕落が、サタンがアダムとエバを園で誘惑する数分前に起こったか、数時間前か、何日も前なのか、聖書には特に書かれていません。

ヨブ記には、サタンが少なくとも1回は天と神の御座に近づくことができたことが書かれています。「ある日、神の子らが主の前に来て立ったとき、サタンも来てその中にいた。主はサタンに仰せられた。『おまえはどこから来たのか。』サタンは主に答えて言った。『地を行き巡り、そこを歩き回って来ました。』」(ヨブ記1:6−7)明らかにそのとき、サタンはまだ天と地の間を自由に動き回り、直接神に話し、自分の活動について神に答えています。神がどの時点でこのアクセスを切られたかは分かりません

なぜサタンは天から落ちたのでしょう?サタンが落ちたのは、プライドのせいでした。サタンは、神のしもべではなく、自分が神になろうとしました。イザヤ14:12−15の中に、「私は・・・しよう」という言い方がたくさん出てくることに注目してください。エゼキエル28:12−15には、サタンがことのほか美しい天使であったことが書かれています。 サタンは天使たちの中でもっとも位が高く、神の被造物の中でもっとも美しかったようですが、彼は自分の地位に満足していませんでした。.その代わりに、サタンは神になろうとしました。基本的に「神をその御座から蹴落として」自分が宇宙の支配権を得ようとしたのです。サタンは自分が神になろうとしました。興味深いことには、サタンがアダムとエバをエデンの園で誘惑したのは、まさにそのことでした(創世記3:1−5)。どのようにしてサタンは天から落ちたのでしょう?実際、落ちるというのは正確な説明ではありません。神がサタンを天から追い出したと言う方がもっとずっと正しい言い方です(イザヤ14:15、エゼキエル8:16−17)。サタンは天から落ちたのではありません。むしろ、天から押し出されたのです。



日本語のホームページに戻る



どのようにして、なぜ、そしていつサタンは天から落ちたのですか?