サタンとは誰ですか?




質問: サタンとは誰ですか?

答え:
サタンについての人々の考えは、馬鹿らしいものから抽象的なものと非常に広い領域に渡っています。つまり、あなたの肩にとまって、罪をするようにささやく赤い服を着た、つのを持った小さな人物から、人格化した悪の表現というわけです。しかし、聖書は、サタンが誰で、どのように私たちの生活に影響を及ぼすか、明確に描いています。 簡単に言うと、聖書は、サタンは御使いとして造られたものなのに、罪のせいで、天の座から堕落し、今ではまったく神に反対し、全力を尽くして、人類のための神のご計画をじゃましようとしている者と定義しています。

サタンは聖なるみ使いとして創造されました。イザヤ書14章12節は、サタンが堕落する前の名前として、ルシファー(暁の子、明けの明星)を挙げています。エゼキエル28章12-14節では、サタンはケルブとして創造され、明らかに、創造されたみ使いたちの中で最高のみ使いであったと述べています。 その美と地位で高慢になり、神よりも上の王座につきたいと願ったと叙述されています。(イザヤ14章13-14節;エゼキエル28章15節;第1テモテ3章6節) サタンはそのプライドのゆえに、堕落してしまいました。イザヤ14章の12-15節の「、、、になろう。、、、しよう。」ということばに注目してください。その罪のために、神はサタンを天国から追い出してしまわれました。

サタンは神から離れて行動するこの世の支配者、空中の権威を持つ支配者となりました。(ヨハネ12章31節;第2コリント4章4節;エペソ2章2節)サタンは「訴える者」(黙示録12章10節)「試みる者」(マタイ4章3節;第1テサロニケ3章5節)「惑わす者」(創世記3章;第2コリント4章4節;黙示録20章3節)です。その名前そのものが敵、または、「反対する者」という意味です。サタンのもう一つの名前は悪魔ですが、それには「中傷者(虚偽を言う者)」という意味があります。

サタンは天国から追い出されましたが、今でも自分の地位を神よりも高いものにしようとしています。サタンは、世から崇拝されようと、神の業すべてを偽造し、神の御国に対する反対を扇動しています。究極的に、 すべてのこの世のカルトや宗教のうしろにいるのはサタンなのです。 サタンはその力の限りできることをして、神と神に従う人々に反対しています。しかしながら、サタンの運命はすでに決まっています。火の池で永遠の苦しみという。(黙示録20章10節)



日本語のホームページに戻る



サタンとは誰ですか?