アカウンタビリティー(説明責任)の大切さについて聖書には何と書いてあるの?




質問: アカウンタビリティー(説明責任)の大切さについて聖書には何と書いてあるの?

答え:
誘惑があふれているこの世で、悪魔はさらに誘惑を増やそうと働き続けています。私達の霊的生活を脅かす誘惑に遭っている時に頼る事ができる兄弟や姉妹がには必要です。姦淫の罪の誘惑に遭った夜、ダビデ王は一人でした。ダビデ王を誘惑したのはバテ.シェバであるかに見えたかもしれません。(第二サムエル11章)。しかし、 私達の格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者達、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものだと聖書に書いてあります(エペソ6章12節)。

暗闇の力との戦いの渦中にいる私達はできる限りの助けが必要です。神様が下さる全ての力を身につけてこの戦いに備える必要があるとパウロはエペソ書で言っています。「ですから、邪悪な日に際して対抗できる様に、また、いっさいを成し遂げて、堅く立つ事ができるように、神のすべての武具をとりなさい」(エペソ6章13節)。私達は人間なので、悪に対抗するために神様が下さる全ての物を身につけてはいても悪魔の誘惑に対抗できない可能性がある事をパウロは知っていました。誘惑は必ずやって来るのです。

悪魔は私達の弱点を知っていて、私達が弱みをさらす時を知っています。悪魔は夫婦が喧嘩していると、もしかしたら自分の事をもっと理解してくれる人が他にいるかもしれないと思っている時を知っています。悪魔は親からしつけを受けた後の子供が恨みを抱いている時を知っています。悪魔は仕事がうまくいっていない時を知っていて、帰り道に居酒屋がある事をあなたに思い出させる事ができます。戦うためにできる限りの事をした後、私達はどこから助けを得るのでしょうか?神様の目に正しい事をしたくても、弱い私達はどうすればいいのでしょうか?

箴言27章17節には「鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる」と書いてあります。友がそこにいる事が励ましになり、道徳的な助けになるのです。あなたの調子がどうかと最後に友達が電話をして聞いてくれたのはいつですか?最後にあなたが友達に電話をして、話がしたいかどうかと聞いたのはいつですか?友情からくる励ましや道徳的サポートが、時には悪魔と戦うときに欠けている要素なのです。

この件についてヘブル書の著者が「また、互いに勧め合って、愛と善行を促す様に注意し合おうではありませんか。ある人々の様に、いっしょに集まる事をやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか」(ヘブル章24−25節)と要約しています。アカウンタビリティーは罪に打ち勝つための戦いで重要な要素です。アカウンタビリティーパートナーはあなたを励まし、あなたを叱責し、あなたを教え、あなたと喜び、またあなたと共に泣く事ができるのです。全てのキリスト者は一緒に祈り、話し、信頼し合い、罪を告白し合う事ができるアカウンタビリティーパートナーが必要なのです。



日本語のホームページに戻る



アカウンタビリティー(説明責任)の大切さについて聖書には何と書いてあるの?