赤ん坊や小さな子どもたちが死んだらどうなるのですか?聖書のどの箇所で責任をとるべき年齢があると言っていますか?




質問: 赤ん坊や小さな子どもたちが死んだらどうなるのですか?聖書のどの箇所で責任をとるべき年齢があると言っていますか?

答え:
責任をとるべき年齢についてのディスカッションの中で、往々にして忘れられているのはどんなに小さくても、子どもたちは罪がないという意味で「無邪気」なのではないという事実です。聖書は、たとえ新生児や子どもが個人的な罪を犯していなくても、新生児や子どもたちを含むすべての人は、遺伝した罪によって神の前に有罪であると言っています。遺伝した罪というのは、私たちの両親から受け継いだものです。詩篇51篇でダビデは、「ああ、私は咎あるものとして生まれ、罪ある者として母は私をみごもりました」と書いています。ダビデは、受胎の時点ですでに自分が罪人であったと認めています。肉体的・霊的な死はアダムの原罪の結果ですから、ときとして新生児が死ぬという悲しい事実によって、新生児であってもアダムの罪の影響を免れることができないことが証明されます。

新生児であっても、成人であっても、ひとりひとりが神の前に有罪です。ひとりひとりの人が神の聖さを侵害したのです。神が正義の方であって、それと同時に人を正しいと宣言するためには、その人がキリストにある信仰によって赦しを受けること以外に道はありません。キリストだけが道です。ヨハネ14:6には、イエスが言われたことが記録されています。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」また、使徒行伝4:12で、ペテロは「この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです」と言っています。救いは個々の選択です。

では、この個人的な選択をする能力に至らなかった赤ん坊や子どもたちはどうなのでしょう?責任をとれる年齢というコンセプトは、責任をとれる年齢に至らなかった子どもたちが、神の恵みとあわれみによって自動的に救われるというものです。責任をとれる年齢という考え方は、キリストにつくか反するかを決めることができるようになる前に死んだすべての人が救われるという信条です。ユダヤ教の13歳で子どもが大人になるという習慣に基づいて、責任を取れる年齢を13歳とするのがもっとも一般的な数字です。しかしながら、聖書には13歳がいつでも責任をとれる年齢であると直接言っていません。それは子どもによってちがうでしょう。その子がキリストにつくか反するかを決めることができるようになったら、その子は責任のとれる年齢になったということです。

上記のことを念頭において、次のことも考えてみてください。キリストの死は、すべての人類にとって十分なものとして提示されました。Iヨハネ2:2には、イエスは「私たちの罪のための ― 私たちの罪のためだけでなく、世全体のための ― なだめの供え物です」 と書かれています。この節から、イエスの死がすべての罪、つまり信仰をもって主のもとに来た人たちだけでなく、それ以外の人の罪のためにも十分であることが明らかです。キリストの死がすべての罪のために十分であるという事実は、神がその支払いを信じる能力を持つことのできなかった人々のための支払いに当てられる可能性があることを示しています。

ほかのどの箇所にも増してこのことに同意すると見られる箇所は、IIサムエル12:21−23です。この箇所の物語は、ダビデ王がバテシェバと姦淫を犯し、その結果彼女は妊娠します。主は預言者ナタンを遣わして、ダビデの罪のために主は子どもを死によって取り去られると伝えさせます。ダビデはこれに子どものための嘆きと悲しみと祈りによって応答します。しかし、一旦子どもが取り去られると、ダビデの嘆きは終わります。ダビデのしもべたちはこれを聞いて驚きます。彼らはダビデ王に言いました。「あなたのなさったこのことは、いったいどういうことですか。お子さまが生きておられる時は断食して泣かれたのに、お子さまがなくなられると、起き上がり、食事をなさるとは。」ダビデの答えはこうでした。「子どもがまだ生きている時に私が断食をして泣いたのは、もしかすると、主が私をあわれみ、子どもが生きるかもしれない、と思ったからだ。しかし今、子どもは死んでしまった。私はなぜ、断食をしなければならないのか。あの子をもう一度、呼び戻せるであろうか。私はあの子のところに行くだろうが、あの子は私のところに戻っては来ない。」ダビデの答えは、信じることのできなかった者は、主にあって安全であることを暗示しています。ダビデは、自分は子どものところに行くことができるが、子どもを自分のところに連れ戻すことはできないと言いました。また、同様に大切なことは、ダビデがこのことに関して慰めを得ているように見えることです。言い換えれば、ダビデは子どもを連れ戻すことはできないが、自分が天国で子どもに会うだろうと言っているようです。

神がキリストの罪の贖いを、信じることのできなかった人に適用するということは可能ですが、聖書には神がそうされるとは特に言われてはいません。ですから、この問題について私たちは頑固になったり、独断的になったりするべきではありません。神がキリストの死を、信じることのできなかった人々に適応するというのは、神の愛とあわれみにかなっているように思われます。私たちの立場は、神がキリストの罪の贖いを小さな子どもたちや精神的な障害をもった人たちに適応されるというものです。なぜなら、彼らは自分たちの罪深い状態や自分たちには救い主が必要であることを理解することができないからです。しかしまた、私たちは独断的になることはできません。ただ、次のことは確かです。神は、愛に満ち、聖く、あわれみ深く、正しく、そして慈悲深い方です。神のなさることは何でも、いつも正しく善なのです。



日本語のホームページに戻る



赤ん坊や小さな子どもたちが死んだらどうなるのですか?聖書のどの箇所で責任をとるべき年齢があると言っていますか?