神はなぜ、旧約聖書で動物のいけにえを義務付けられたのですか?




質問: 神はなぜ、旧約聖書で動物のいけにえを義務付けられたのですか?

答え:
神は、罪の一時的な赦しを提供し、イエス・キリストの完全で完璧な犠牲を予表するために、動物のいけにえを義務付けられました(レビ記4:35、5:10)。動物のいけにえは聖書全体を通じて見ることのできる大切なテーマです。なぜなら、「血を注ぎ出すことがなければ、罪の赦しはない」からです(へブル9:22)。アダムとエバが罪を犯したとき、神は彼らに着るものを用意するために動物を殺されました(創世記3:21)。カインとアベルが主にささげものを持ってきました。カインのささげものは、地の作物だったので受け入れられませんでしたが、アベルのささげものは、「彼の羊の初子」であったので受け入れられました(創世記4:4−5)。洪水がひいたあと、ノアは動物のいけにえを神にささげました(創世記8:20−21)。

神はイスラエルの民に、神によって定められた一定の方法に従ってたくさんのささげものをするように命じられました。まず、動物は非のうちどころのないものでなくてはなりません。第二に、ささげものをする人が動物と自分を同一のものと認めなければなりません。第三に、動物をささげる人はその動物に死を負わせなければなりません。信仰によって行われるときに、このささげものは罪の赦しをもたらしたのです。レビ記16章に説明されている、贖いの日のために求められた別のささげものは、罪の赦しと罪が取り去られることを実演しました。大祭司が二頭の雄やぎを罪のためのいけにえとしてとりました。一頭はイスラエルの人々の罪のためのいけにえとしてささげられ(レビ記16:15)、もう一頭は荒野へ放されました(レビ記16:20−22)。罪のためのいけにえは赦しを与え、もう一頭のやぎは罪を取り除くためでした。

それならば、なぜ、私たちは今日動物のいけにえをささげなくなったのでしょう?イエス・キリストが究極の、完璧ないけにえであられたので、動物のいけにえはやんだのです。バプテスマのヨハネは、イエスがバプテスマを受けるために来られたとき、そのことを認識してこう言いました。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」なぜ、動物を?と疑問に思うかも知れません。動物がなにか悪いことをしたというのでしょうか?そこがポイントです。動物は悪いことをしなかったので、いけにえをささげる人の代わりに死んだのです。イエス・キリストも何も悪いことをされませんでしたが、自ら進んで人類の罪のためにご自身を与えられました(I手モテ2:6)。イエス・キリストは私たちの罪をご自分の身に 負われ、私たちの代わりに死なれたのです。IIコリント5:21にあるように、「神は、罪を知らない方(イエス)を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。」イエス・キリストが十字架上で成就されたことを信じることをとおして、私たちは赦しを受けることができるのです。

総括すれば、個人が罪の赦しを体験することができるようにと、神は動物のいけにえを命ぜられました。動物は身代わりでした。つまり、動物は罪人の代わりに死にましたが、それは一時的であったので、何度も何度もささげられる必要がありました。動物のいけにえは、イエス・キリストで終わりました。イエス・キリストはただ一度の究極的な身代わりのささげものであり(へブル7:27)、今は神と人との間の唯一の仲介者です(Iテモテ2:5)。動物のささげものは、私たちのためのキリストの犠牲を予表しました。動物のいけにえが罪の赦しを与えることができるということの根拠は、私たちの罪のためにご自分を犠牲にされ、動物のいけにえが例証し予表することしかできない、本当の赦しを提供されるキリストなのです。



日本語のホームページに戻る



神はなぜ、旧約聖書で動物のいけにえを義務付けられたのですか?