契約の箱はどうなったのですか?




質問: 契約の箱はどうなったのですか?

答え:
契約の箱がどうなったかという質問は、何世紀もの間、神学者、聖書研究者、考古学者たちを魅惑して来ました。君臨して18年目にユダの王ヨシヤは契約の箱の世話をしていた人々にエルサレムの神殿に箱を移すように命令しました。(第2歴代史35:1-6;第2列王記23:21-23)これが契約の箱の置き場所がどこか聖書が述べる最後の時です。それから40年後に、バビロンのネブカデネザル王がエルサレムを占領し、神殿を襲いました。 10年も経たないうちに、再度襲って来て、神殿の中に残っていた物を取り、それとエルサレムの町を焼き払いました。では、契約の箱はどうなったのでしょう?ネブカデネザルが持って行ったのでしょうか?町と共に破滅したのでしょうか?それとも、ソロモンの息子レハブアムが王の時代にエジプトのパロ、シシャクが攻め上ってきて、神殿と王の財宝を奪った時(第1列王記14:25-26)、明らかに箱は安全な場所に隠されていたように、そのときも同じように隠されていたのでしょうか?(”明らかに” というのは、もしシシャクが契約の箱も奪い取っていたのなら、ヨシヤはなぜレビ人たちに箱をエルサレムに移せと命令したのでしょう?もし、箱がエジプトにあったのなら―レイダース/失われたアーク の筋書きにあるように―レビ人たちがそれを所持していなかったことになり、それを移すことは不可能でした。

外典の書、第2マカベ書は、バビロン侵入の前に、エレミヤが”神の啓示に従って、幕屋と契約の箱が自分に伴って行くように命じ、モーセが相続の地を見渡すために上った山(ネボ山;申命記31:1-4)へ行った。そこへ到着した時、エレミヤは洞窟の中に部屋を見つけ、天幕と箱と香の祭壇を入れて、入り口を封鎖した。”(2:4-5)と記録しています。しかしながら、”その道に標識を立てるつもりでエレミヤの後についてきた何人かの者は、その道がわからなかった。エレミヤはそれを聞いて、彼らを叱責した。「その場所は、神がもう一度その民を集めて、彼らに憐れみを示されるときまで知られなくてよい。 それから、主はこれらの事柄を明らかにされる。そして、主の栄光が、モーセの時に現れたように、またソロモンが神殿が栄光あるように聖別されるようにと祈ったときのように、雲の中に現れる。”(2:6-8)この又聞きの(2:1を参照)記事が正確かどうかはわかりません。もし正確であったとしても、記事そのものが主張するように、主が再臨されるまではそれはわからないのです。

他に失われた箱の場所に関する論には、ラビ、シュロモ.ゴレンとイェフダ.ゲッツの主張:ネブカデネザルが奪い取る前に、そこに埋められていて、神殿の山の下に隠されている。というのがあります。残念ながら、今神殿の山 は岩のドーム、イスラム教の聖なる場所となって、地域のモスリムの団体は、発掘を許可していません。だから、ラビ.ゴレンとゲッツの主張が正しいかどうかわかりません。

探検家ヴェンデル.ジョーンズ、その他は、死海写本の中に見つかった品、クムラン洞窟3のなぞの”銅の写本”が実は地図のような物で、バビロンが侵入する前に神殿から移された数個の貴重な宝物、その中に失われた契約の箱も含まれる宝が隠されている場所の詳細を記していると信じます。それが本当かどうかはまだわかりません。写本に載っている必要な地理的標識のすべてを突き止めることができた人は誰もいません。面白いことに、ある学者たちは、銅の写本は実は、エレミヤが契約の箱を隠したことを述べている第2マカベ書2:1と4の記録のことではないか、と推測します。これは面白い推測ではある一方、未だに実証されていません。

東アフリカの”The Economist “ の元通信員、グラハム.ハンコックは1992年に、”しるしと封印:失われた契約の箱の探求”という題の本を発行しました。その中で、彼は、箱は、エチオピアの古代の町アクスムにあるシオンの聖マリア教会にしまい込まれていると議論しました。

B.A.S.E.学会の探検家ロバート.コーニュクも多分契約の箱はアクスムにあるのではないかと 信じています。しかしながら、未だに誰もそこに箱を見つけたことはありません。同様に、考古学者マイケル.サンダースは、イスラエルの村ジャーハーヤの古代エジプトの神殿の中に隠されていると信じていますが、彼も実際にそこで箱を見つけてはいません。

疑わしいアイルランドの伝統では、箱はアイルランドのタラの丘に埋められているといいます。ある学者たちは、これが、アイルランドの”虹の果てに埋められている黄金のつぼ“の伝説の 出所だと信じます。それよりももっと信じがたいのは、トム.ワイアットとトム.クロスターの主張です。ワイアットのは、カルバリ山の下に埋められていた契約の箱を実際に見たという主張です。クロスターは、ネボ山の近くのピスガの山で見たというのです。この二人は考古学の世界では、低く評価されています。二人とも、そのとんでもない主張を、証拠を出して実証することはできていません。

結局、契約の箱は、神のみぞ知る、ということです。以上にあげたような面白い推論は続けて現れますが、箱は未だに見つかっていません。第2マカベ書の著者が正しいのかもしれません。 主ご自身が再び戻って来られるまで、契約の箱の行方は多分わからないのでしょう。



日本語のホームページに戻る



契約の箱はどうなったのですか?