神の特質とは何か? 神とはどんな方か?




質問: 神の特質とは何か? 神とはどんな方か?

答え:
素晴らしいことには、この質問に対する答えから、神についてたくさんのことを学ぶことができます。ここに書かれている事を理解するために、まずこの文を最後まで一通り読んでしまってから、もう一度始めに戻って、中であげられている聖書の引用を読み直すことが効果的な方法かもしれません。聖書の引用は、絶対に必要です。なぜなら、聖書が持つ権威なしでは、ここに書かれている事も、単なる人間の意見になってしまいます。そして人間は多くの場合、自分達の考えだけで、神を正しく理解する事ができないのです。(ヨブ記42:7) 神の特質を理解しようとすることは、私達にとって、とても重要な事です。もしそれを怠れば、神の意志に反して偽の神々を祀り、追い求め、礼拝するはめになるでしょう。(出エジプト記20:3-5)

私たちが神について知ることができるのは、神がご自身について明らかにしようと決められた部分だけです。神の特質の一つは『光』で、これは神がご自身についての知識を明らかにされることを意味します。(イザヤ書60章19節、ヤコブの手紙1章17節) 主の安息から取り残される者が私達の間からでないようにするためにも(ヘブライ人への手紙4章1節)、神がご自身について明らかにされた事実を無視してはなりません。神の創造物、聖書、そして人のかたちをとった「ことば」であるイエス•キリストが、神とはどんな方かを知る鍵となります。

まず、神は私たちの造り主であり、私たちは被造物であるというところから学んでいきましょう。(創世記1章1節、詩編24章1節) 人をご自分に似せて造られたと神は言われました。その他のあらゆる被造物を支配するようにと、人にその権威を与えられました。(創世記1章26—28節) 天地創造の秩序は、『罪』によって損なわれましたが、それでも神の御業をそこに垣間見ることができます。(創世記

3章17—18節、ローマ人への手紙1章19—20節) 天地創造の大きさ、複雑さ、美しさ、そしてその秩序を考えることによって、私達は神のとてつもない偉大さを感じることができるのです。

神はどんな方かということを追求していくうえで、神の名前をいくつか見ていくと参考になるでしょう。

・ エロヒム(Elohim) - 強き方、神聖な (創世記1章1節)

・ アドナイ(Adonai) - 主、しもべにとって主人の関係を示す言葉 (出エジプト記4章10,13節)

・ エル エリオン(El Elyon) - 最高の、最強の方 (創世記14章20節)

・ エル ロイ(El Roi) – 顧みられる強き方 (創世記16章13節)

・ エル シャダイ(El Shaddai) - 全能の神 (創世記17章1節)

・ エル オラム(El Olam) - 永遠なる神 (イザヤ書40章28節)

・ ヤハウェ(Yahweh) - 主『わたしはある』→ 永遠なる神の存在を意味する (出エジプト記3章13,14節)

次に、神の特質についてもっと見ていきましょう。神は永遠な方、つまり神には始まりがなくその存在には終わりがありません。神は不滅であり、無限なのです。(申命記33章27節、詩編90章2節、テモテへの手紙第一1章17節) 神は決して変わることのない不変な存在なので、完全かつ確実に信頼できる方と言えます。(マラキ書3章6節、民数記23章19節、詩編102章26—27節) 神はまた、その存在や働きに類したり、匹敵するようなものは他に何もない、完全で比類ない存在です。(サムエル記第二7章22節、詩編86章8節、イザヤ書40章25節、マタイの福音書5章48節) 神は計り知れず底知れない方であり、私達にはその全てを完全に理解することができません。(イザヤ書40章28節、詩編145章3章、ローマ人への手紙11章33-34節)

神は正しい方なので、公平であり、えこひいきすることを嫌われます。(申命記32章4節、詩編18章30節) 全能である神は、全てにおいて力があり、ご自分が『よし』とされることは何でもできる方です。けれども、その働きは常に神の全特性の調和のなかで行われます。(ヨハネの黙示録19章6節、エレミヤ書32章17, 27節) また神は遍在で、いつでもどこにでも存在する方ですが、これは私達の周りのもの全てが神であるということではありません。(詩編139章7—13節、エレミヤ書23章23節) そして神は、過去、現在、未来だけでなく、瞬間ごとに私達がなにを考えているかもご存じの、全知の神です。全てをご存じであるので、神の裁きは常に正しいものです。 (詩編139章1-5節、箴言5章21節)

神は唯一な方です。これは、他に神はいないということであり、この唯一の神だけが私達の心の奥底の必要を満たすことができ、私達にあがめ讃えられ信頼されるにふさわしい方だということです。(申命記6章4節) そして、神は義な方なので、悪事を見過ごさず、また見逃せません。私達の罪が赦されるために、イエス・キリストがその罪の全てを負って神の裁きを受けなければならなかったのは、この神の義と正しさのゆえです。(出エジプト記9章27節、マタイの福音書27章45-46節、ローマ人への手紙3章21-26節)

神は主権を持つ方、つまり最高位の方です。神に造られたもの全てが知恵を持って集まっても、神の目的を阻止し、妨げることはできません。(詩編93章1節、95章3節、エレミヤ書23章20節) 神は霊なので私達の目には見えません。(ヨハネによる福音書1章18節、4章24節) また、神は三位一体です。これは、その力や栄光は互いに等しい三つの性質を持つが、本質的に同じであり、神は唯一であるということです。最初の聖書箇所で、『父と子と聖霊』と三つの異なった人格を表す言葉であるのにも関わらず、『名(英語では”the name”)』と単数形で表現されていることに注目してください。(マタイの福音書28章19節、マルコの福音書1章9-11節) また神は真実な方なので、決して偽りがなく、永遠に変わらず不滅であることを、ご自身の全てをもって表しておられます。(詩編117章2節、サムエル記 第一15章29節)

神は聖なる方であるため、全ての悪やけがれから離れておられ、それらを敵とされます。神はあらゆる悪を見分けられ、悪は神を怒らせます。聖書の中で、火は神聖なものとして記されていることが多く、神ご自身も『燃え尽くす火』と呼ばれています。(イザヤ書6章3節、ハバクク書1章13節、出エジプト記3章 2,4—5節、ヘブライ人への手紙12章29節) そして、神は情け深い方です。神の素晴らしさを思わせる、神の良さ、優しさ、憐れみ、愛はここに含まれます。この神の恵みによらなければ、これまで述べてきた神の他の特質のゆえに、私達は神から除外される者となっていたでしょう。しかし、感謝すべきことに、そうではありません。それは、神が私達一人一人を個人的に知りたいと望んでおられるからです。(出エジプト記34章6節、詩編31章19節、ペテロの手紙第一1章3節、ヨハネの福音書3章16節、17章3節)

神は測り知れないお方なので、ここに記された事は、神の特質のほんの一部にすぎません。これからも、どうぞ神を求めていってください。(エレミヤ書29章13節)



日本語のホームページに戻る



神の特質とは何か? 神とはどんな方か?