聖書の正典とは何ですか?




質問: 聖書の正典とは何ですか?

答え:
「正典」ということばは、法律の規制でその書物が標準に達しているかどうかを決定することからきています。聖書の書物は、書かれた瞬間に正典と認められるものであったことに注目することが大切です。聖書のことばは、ペンが羊皮紙にさわった瞬間に聖書のことばでした。. これはとても大切なことです。なぜなら、キリスト教は神やイエス・キリストや救いの説明をするところから始まるのではないからです。キリスト教の土台は、聖書の権威にあります。もし、私たちが聖書のなんたるかを見分けられないのなら、神学的な真理と間違いを正しく見極めることはできません。

どの書物が聖書として分類されるべきだと決定するために、どのような尺度や基準が用いられたのでしょう?聖書が与えられた過程と目的と、おそらくタイミングを理解するためのカギとなる箇所は、ユダ3でしょう。そこには、クリスチャンの信仰は「聖徒にひとたび伝えられた」ものであると書かれています。私たちの信仰が聖書によって説明されているのですから、ユダが言っていることは、基本的に聖書はすべてのクリスチャンの益のためにひとたび与えられたということです。探し出さなければならないような、隠されたり失われている原稿がないこと、ほんの一部の人にだけ知られている秘密の書物がないこと、また、私たちが悟りを開くためにヒマラヤの山に登って特別な啓示を受けた人を追い求めなければならないなどということがないことが分かっているというのは素晴らしいことではありませんか。神が私たちに証しを残してくださったことは確実です。神のことばである聖書を造ったと同じ超自然の神の力が、聖書を保持するためにも使われているのです。

詩篇119:160は、神のことばはすべてにおいて真実であると言っています。その前提から出発して、聖書の正典として受け入れられなかった文書がテストに受かるかどうかを比較してみることができます。たとえば、聖書はイエス・キリストは神であると主張します(イザヤ9:6−7、マタイ1:22−23、ヨハネ1:1、2、14、20:28、使徒行伝16:31、34、ピリピ2:5−6、コロサイ2:9、テトス2:13、へブル1:8、ペテロ1:1)。しかし、聖書であると主張する聖書外のテキストの多くがイエスは神でないと議論します。明白な矛盾があるとき、確立している聖書が信頼され、他のものは聖書の範囲外であるとされるべきです。

教会の初期のころ、クリスチャンたちは聖書の写しを持っていることで死刑に処せられることがありました。この迫害のせいで、「死を賭すのにふさわしい書物は何か」という質問がすぐに起こってきました。イエスのことばを含んでいる書物もあったでしょうが、IIテモテ3:16に言われているように霊感されていたのでしょうか?教会会議が聖書の正典を公式に承認するのに一役買いましたが、多くの場合個々の教会やグループが、そこに書いてあることからその書物が霊感されたものかどうかを認めました(例えばコロサイ4:16、Iテサロニケ5:27)。教会の初期の数世紀を通じて、いくつかの書物は文句なしに正典と認められ、正典のリストは西暦303年に基本的にまとまりました。

旧約聖書に関しては、3つの大切な事実が基準となりました。1)新約聖書に引用または言及されていない旧約聖書の書物は2つだけ。2)イエスはマタイ23:35でイエスの時代の聖書の一番最初の物語と最後の物語を引用されたとき、効果的にヘブル語の正典を承認された。3)ユダヤ人の人たちは、厳密に旧約聖書を保存してきたので、どの部分が正典に属し、どれが属さないかという議論はほとんどなかった。ローマ・カトリックの外典は、基準に達することなく聖書の定義からこぼれ、ユダヤ人から受け入れられたことは一度もない。

どの書物が聖書に属するかという質問は、イエスのとき以降の文書についてのものです。初代教会には、書物が新約聖書の一部とみなされるために非常に特定的な標準がありました。その中には、その書物は、直接イエス・キリストを見た人によって書かれているか?その書物は、「本物テスト」にパスしたか?(例えば、その書物はすでに認められている聖書と同意見であるか?)その当時彼らが受け入れた新約聖書の書物は、時のテストを経てキリスト教正統派がそれらを受け入れ、その後何世紀もの間挑戦を受けることはほとんどありませんでした。

特定の書物を正典として受け入れたことへの確信は、それらの確実性を直接目の当たりにした1世紀の書物の受取人たちにさかのぼります。さらに、黙示録で取り扱われている終末問題と、黙示録22:18でこの書物のことばに付け加えることを禁じていることからしても、正典は黙示録の書かれたとき(およそ95年)に閉じられたことが強く論じられます。

ここにひとつ、見落としてはならない大切な神学的ポイントがあります。神は、ご自分のみことばを何千年もの間ひとつの主要な目的のために使ってこられました。ご自身を示し、人類とコミュニケーションをとるためです。究極的には、教会会議がどの書物を聖書とするかを決定したのではありません。神が人間の著者を選ばれたときに、決められたのです。神のことばを何世紀もの間保持することを含めて、最終的な結果を達成するために、神は初代教会会議を導いて、正典を承認させたのです。

T神の本当のご性質、宇宙と生命の起源、人生の目的と意味、救いの素晴らしさ、人類の運命をも含む将来のできごとなどといったことに関する知識を取得することは、人類本来の観察と科学の能力 を超えています。何世紀にも渡ってクリスチャンが価値あるものとし個人的に適用してきた、すでに与えられている神のことばは、キリストについて私たちが知る必要のあるすべてのことを説明し(ヨハネ5:18、使徒行伝18:28、ガラテヤ3:22、IIテモテ3:15)、私たちを教え、正し、そしてすべての義の訓練のために十分なのです(IIテモテ3:16)。



日本語のホームページに戻る



聖書の正典とは何ですか?