聖書は穴居人、先史人、ネアンデルタール人について何と言っていますか?




質問: 聖書は穴居人、先史人、ネアンデルタール人について何と言っていますか?

答え:
聖書は、「穴居人」または、「ネアンデルタール人」ということばは使っていません。聖書によれば、’先史’人などは存在しません。「先史」ということばは、「記録された歴史以前のもの」という意味があります。それは、創世記の人間の創造以前の記録(つまり創造の初めの5日間―人間は6日目に造られたこと)を作り事だと前提 しています。聖書は、アダムとエバが創造されたときから完全な人間で、低級な生き物のかたちから進化したものではないことを明確にしています。

以上のことを述べたうえで、聖書は地球に対するひどい激変の期間を記録しています。大洪水(創世記6-9章)のことです。そのとき、8人の人以外、すべての市民が全滅しました。そして人類は初めからやり直すことを強いられました。ある学者たちが人間が洞穴に住み、石器を使用したと信じたのは、この歴史的背景からだったのです。この人間たちは原始的ではなく、単に貧窮していました。そして確かに半分サルではありません。化石の証拠は非常に明らかです。穴居人は人間でした。洞窟に住んだ人間 です。

いくつか化石化したサルの死骸が残っていますが、ダーウイン主義の古生物人類学者たちはこれらを、ある種のサルから人間へと進化する中間の動物だと解釈します。ほとんどの人は、穴居人を想像する時、この解釈を思っているようです。彼らは、 毛深い半分人間、半分サルの生き物が洞窟の中で火の側にかがみこんで、新しく発明した石の道具を使って、壁に絵を描いているところを頭に浮かべます。 これはよくある誤解です。それに、ダーウイン主義的古生物人類学者に関する限り、彼らの解釈は特別の世界観を反映するのであって、ある証拠の結果によるのではないことを覚えておくべきです。 実際、彼らの解釈には、学問的社会の中で大きな反対があり、ダーウイン主義者の間でさえ、詳細について互いの意見に同意できないのです。

残念ながら、民間に普及している主流な見解は、人間とサルが同じ先祖から進化したという考えを奨励しています。しかし、これは確かに、今ある証拠の唯一のそれらしい解釈ではありません。事実、特にこの解釈が正しいという証拠は欠けています。

神がアダムとエバを造られたとき、二人とも完全に成長した人間で、伝達することができ、社会、発達のできる人でした。(創世記2:19-25;3:1-20:4:1-12 )先史的穴居人の存在を証明しようとする進化論的科学者たちの努力は、思えばおもしろいくらいです。 彼らは、洞窟に欠けた変形した歯を見つけると、そこから洞窟に住み、サルのように背を曲げた変形した人間を作り出すのです。化石から穴居人の存在を科学で立証することは絶対にできません。 進化論的科学者は単に、理論を持っているに過ぎません。彼らの理論に合わせる為に証拠を無理やり当てはめるだけです。アダムとエバは初めに創造された人間で、完全に成長した大人で、知性を持ち、立って歩いていました。



日本語のホームページに戻る



聖書は穴居人、先史人、ネアンデルタール人について何と言っていますか?