聖書は火葬について何と教えていますか?クリスチャンが火葬されるべきでしょうか?




質問: 聖書は火葬について何と教えていますか?クリスチャンが火葬されるべきでしょうか?

答え:
聖書では特に火葬について教えていません。旧約聖書時代の人が焼死した記事(第1列王記6章18節;第2列王記21章6節)や人骨が焼却される記事(第2列王記23章16-20節)があります。 しかし、これらは火葬の見本ではありません。第2列王記23章16-20節で、祭壇の上で人骨を焼いて祭壇を汚したとあるのは興味深いことです。 同時に、旧約聖書の律法には、死者のからだを焼いてはいけないとも、火葬された人に対して呪いがあるとか裁きがあるとか、どこにも書いてありません。

火葬は、実用的で聖書時代にも行われていましたが、イスラエル人の間、新約時代の信者の間でよく行われたものではありません。聖書時代の文化では、遺体の処置は、墓や洞穴に埋葬したり、土に埋める土葬が普通でした。(創世記23節19;35章4節;第2歴代誌16章14節;マタイ27章60-66節)埋葬が通常の方法でしたが、聖書のどこにも遺体処分の唯一の方法が埋葬でなければならないとは命じていません。

火葬はクリスチャンが考慮してもいいことでしょうか?火葬を特に禁止する戒めは 聖書のどこにもありません。クリスチャンの中には、火葬は、いつの日か神が私たちの体を復活させ、魂/霊ともう一度一つにしてくださるという教え(第1コリント15章35−58節;第1テサロニケ4章16節)を認識していないということで、火葬に反対する人もいます。しかしながら、からだが火葬にされたという理由で、神がそれを復活させるのがより困難になるということはありません。1000年前に死んだクリスチャンたちの遺体は今頃は完全に土のほこりとなっています。だからと言って、そのようなからだを復活させることが神にはできないわけではありません。もともと神が彼らを創造されたのですから、もう一度創造するのに 神にとって何の困難もないのです。火葬は、からだを土のほこりに変える過程を促進する以外の何ものでもないのです。神は火葬された遺体も火葬されなかった遺体も同じように復活させることができるのです。 埋葬か火葬かという問題はクリスチャンとしての自由の域にあります。火葬を考えている人やその家族は神からの知恵を与えられるよう祈るべきです。(ヤコブ1章5節)そしてその結果から出た確信に従うべきです。



日本語のホームページに戻る



聖書は火葬について何と教えていますか?クリスチャンが火葬されるべきでしょうか?