旧約聖書と新約聖書、違いは何ですか?




質問: 旧約聖書と新約聖書、違いは何ですか?

答え:
旧約聖書は、新約聖書に見られる教えやできごとの土台です。聖書の啓示は、進行形です。もし、どんなに良い本であっても、最初の半分を飛ばして読み終えようとするなら、登場人物、本の筋、そして結末を理解するのは大変でしょう。同様に、新約聖書は、旧約聖書の出来事、登場人物、律法、いけにえの制度、契約、そして約束の成就として見たときに初めて完全に理解することができます。

もし、新約聖書だけしかなかったとしたら、福音書を読んでなぜユダヤ人たちがメシヤ(救い主である王)を探していたのか分からないでしょう。旧約聖書がなくては、なぜこのメシヤが来るのか理解できないでしょう(イザヤ53章参照)。また、多くの詳細な預言によってナザレのイエスがメシヤであることを見分けることもできないでしょう。たとえば、メシヤがどこで生まれるか(ミカ5:2)、メシヤがどのように死なれるか(詩篇22編、特に1、7−8、14−18、詩篇69:21)、メシヤのよみがえり(詩篇16:10)、そしてほかにももっとたくさんのメシヤのミニストリー(イザヤ52:13、9:2)などです。

旧約聖書がなければ、新約聖書の中で言及されているユダヤ人の習慣を理解することはできないでしょう。パリサイ人が神の律法に彼らの伝統を付け加えた曲解を理解することはできないでしょう。イエスが神殿の中庭をきよめられたとき、なぜあれほど怒られたかを理解することはできないでしょう。イエスがご自分の敵に答えられた多くのときに使われたと同じ知恵を私たちも使えるのだということを理解することはできないでしょう。

新約聖書の福音書と使徒行伝には、何百年も前に旧約聖書に記録された預言が成就したことがたくさん記録されています。福音書の中に見られるイエスの誕生の状況、生き方、奇蹟、死、そしてよみがえりは、メシヤが最初に来られる事に関する旧約聖書の預言の成就です。これらの詳細が、イエスが約束のキリストであるという主張を確認するものなのです。そして、新約聖書の預言(多くは黙示録にあります)は、旧約聖書に見られる先の預言の上に立っています。これらの新約聖書の預言は、キリストの再臨を取り巻く出来事に関連しています。おおまかに言って、黙示録の3分の2は、旧約聖書の節に基づいているか、関連しているかのどちらかです。

また、聖書の啓示は進行形なので、旧約聖書の中ではただほのめかされていただけの教えに新約聖書では焦点を当てています。ヘブル書では、単に描写でしかなかったこと、つまりイエスが本当の大祭司であり、イエスの犠牲がそれまでのすべてのいけにえに取って代わることを説明しています。旧約聖書は、二部からなる律法を与えています。命令と、その命令に従うか従わないかによって与えられる祝福または呪いです。新約聖書は、神が人間に救いの必要を示されるためにこれらの戒めを与えられたことをはっきりと述べています。戒めは全く救いの手段のためではありませんでした(ローマ3:19)。

旧約聖書には、一時的に彼らの罪を覆うために神がイスラエル人に与えられたいけにえのシステムが説明されています。新約聖書では、このシステムはキリストの犠牲を予表していたことをはっきりと示しています。このキリストにしか救いはありません(使徒行伝4:12、へブル10:4−10)。旧約聖書で、楽園は失われました。 t新約聖書は、第二のアダムであるキリストをとおして楽園が人類のためにどのように取り戻されたか、そしてその楽園がどのようにしていつの日が回復されるかが示されています。旧約聖書は、人は罪によって神から切り離されたと宣言しています(創世記3章)。新約聖書は、人が、今や神との関係に回復することができる ことを宣言しています(ローマ3−6章)。旧約聖書はメシヤの人生を予測しました。福音書は主にイエスの人生を、そして書簡はイエスの人生の解釈と主がしてくださったすべてのことに私たちがどのように応答すべきかを記録しています。

旧約聖書がなければ、私たちは、神がこれからユダヤ民族に成就しようとされている約束を理解することはできないでしょう。その結果として、私たちは大艱難の時代は7年間で、その間に神が主の初臨を拒否したが、再臨は受け入れようとしているユダヤ民族に特に働かれるということを正しく見ることがないでしょう。私たちは、将来のキリストの千年王国が神のユダヤ人との約束とどのように適合するか、また、異邦人がどのようにあてはまるかを理解することはないでしょう。また、聖書の始めにほどけてしまったひもの端を聖書の終わりでどのように結び合わせて、神が本来そうなるようにと創造された楽園を回復するのかを見ることはないでしょう。

まとめて言えば、旧約聖書は、全世界の罪のためにご自身をおささげになるメシヤの来臨にイスラエル人を備えさせるための土台をすえています(Iヨハネ2:2)。イエスの人生と、イエスが何をされたかを振り返り、私たちが主の賜物である永遠のいのちに応答して、私たちの人生を主が私たちにしてくださったすべてのことへの感謝として生きるべきであることを、新約聖書は 分かち合います(ローマ12章)。旧約聖書も新約聖書も、罪を有罪としなければならないが、堕落した罪人である人類をご自分のもとへ連れ戻したいと願っておられる同じ聖なる、あわれみ深い、正しい神を示しています。キリストの贖いの犠牲だけが赦しを可能にします。新約聖書にも旧約聖書にも、神はご自身を私たちに現され、神のみもとに行くにはイエス・キリストを通して以外に道はないことを示しておられます。旧約聖書にも新約聖書にも、永遠のいのちと栄光ある人生のために私たちに必要なすべてのことが書かれているのです(IIテモテ3:15−17)。



日本語のホームページに戻る



旧約聖書と新約聖書、違いは何ですか?