聖書は離婚、再婚について何と言っていますか?




質問: 聖書は離婚、再婚について何と言っていますか?

答え:
まず第一に、離婚の問題についてどのような見解を取ろうと、以下の聖書からのことば、マラキ2章16節を覚えておくことが大事です。「わたしは、離婚を憎む とイスラエルの神、主はおおせられる。」聖書によると、神の御計画では、結婚は一生続くべきコミットメントなのです。「それで、もはや二人ではなく、ひとりなのです。こういうわけで、人は神 が結び合わせたものを引き離してはなりません。」(マタイ19章6節)しかしながら、結婚は罪深い二人の人間で成り立っているので、離婚になることもあると、神はわかっておられるのです。旧約聖書では、神は、離婚者、特に女性の権利を守るためにいくつかの律法を与えられました。(申命記24章1-4節) イエスは、これらの律法は人々の心のかたくなさのゆえに与えられたもので、神が願っておられたからではないと指摘されます。(マタイ19章8節)

聖書によると離婚、再婚が許されるか否かという論争は、おもにマタイ5章32節と19章9節のイエスのことばにかかわっています。「不貞以外の理由で」ということばが、聖書のなかで.唯一、離婚、再婚の許可を神が与えていると取れる可能性のあるところです。 多くの解釈者たちはこの‘例外箇条’は、‘婚約期間中の不貞‘のことをいっているという風に理解しています。ユダヤの習慣においては、男女は婚約中でもすでに結婚しているとみなされていました。この’婚約中‘に不貞を犯すと、離婚の正当な理由とされていたのです。

しかしながら、「不貞」と訳されているギリシャ語は、どのような種類の性的不品行の意味にも使われることばです。姦淫、売春、姦通などの意味にもとることができます。たぶんイエスは、性的不品行があった場合、離婚は許されると言っておられるのでしょう。 性関係というのは、結婚の絆の絶対必要な部分ですから。「ふたりは一体となる」のです。(創世記2章24節;マタイ19章5節;エペソ5章31節)だから、結婚以外の性関係を持ってその絆を破ることは、離婚が許される理由になるのかもしれません。もしそうなら、イエスはこの箇所で再婚のことも考えておられます。「 別の女を妻にする」(マタイ19章9節)という言い方は離婚して再婚することは‘例外箇条’の場合は(それをどう訳すにしろ)、許されることだということを示しています。ここで、重要なのは 潔白な側だけが再婚を許されるということに注意することです。 この箇所に書いてはありませんが、離婚後再婚が許されるのは、罪を犯されて離婚に至った人(被害者)への神の憐れみによるのであって、性的不品行の罪を犯した本人に対してではないのです。 罪を犯した側が再婚を許される場合もあるかも知れませんが、この箇所ではそんなことは教えていません。

ある人たちは、第1コリント7章15節をとって、未信者が信者を離婚した時は再婚が許される別の‘例外’になると理解します。しかし、この箇所の前後関係を見ると再婚の事は何も言っていません。ただ、未信者の伴侶がどうしても離れたいと言うなら、信者が結婚に縛られることはないといっているだけです。他の人たちは、虐待(妻のまたは子供の)の場合、聖書には書いてないが、離婚の正当な理由になると主張します。こういう場合もよくあることかもしれませんが、みことばを推定するのは必ずしも賢いことではありません。

例外箇条についての議論でよく忘れられてしまうのは、‘不貞’というのがどういう意味であれ、不貞は離婚を許される理由であって離婚を要求する条件ではないという事実です。どちらかが姦淫を犯したとしても夫婦は神の恵みによって、許し合い、結婚をもう一度やり直すこともできるのです。 神は私たちのもっと多くのひどい罪 を赦して下さったのですから。私たちもきっとその神の模範に従って姦淫の罪でさえ許すことができるのです。(エペソ4章32節)しかしながら、多くの場合、相手が悔い改めず、不品行を犯し続けます。 そのときこそ、マタイ19章9節を適用できるでしょう。多くの人は、もしかしたら、神は独身のままでいて欲しいと願っておられるかも知れないのに、離婚後、あまりにも早く再婚を考えます。時には、神は、注意が分割しないようにとある人たちを独身に召されます。(第1コリント7章32-35節) 離婚後、再婚することは状況によっては選択かもしれませんが、だからと言って唯一の選択という意味ではありません。

クリスチャンと名乗る人たちの離婚率が未信者の離婚率とほとんど同じ位高いというのは非常に嘆かわしいことです。聖書は、神が離婚を憎まれるということを明確にしています。(マラキ2章16節)和解と赦しこそ、クリスチャン生活のしるしであるべきだと、聖書は明らかに言っています。(ルカ11章4節;エペソ4章32節)しかし、神は神の子供達の中でさえ離婚は起こるということを認識しておられます。離婚や再婚したクリスチャンは神からそれだけ少ししか愛されてないと思う必要はありません。その離婚/再婚がマタイ19章9節の例外箇条の許されるべき理由でなかったとしてもです。罪深いクリスチャンの不従順な行いでさえ、神はより偉大なことをするためにしばしば用いられることがあるからです。



日本語のホームページに戻る



聖書は離婚、再婚について何と言っていますか?