永遠の保障(保護)は聖書的か?




質問: 永遠の保障(保護)は聖書的か?

答え:
人がキリストを救い主として知ると、永遠の保護を保障する神との関係の中に入れられます。ユダ24節で、「あなた方を、つまずかないように守ることができ、傷のない者として、大きな喜びを持って栄光の御前に立たせることができる方に、」と言っています。 神の力は信じる者を転ばないように守ることができるのです。神の、栄光在る御前に私たちを立たせるのは神ご自身次第であって私たちではないのです。 私たちが永遠に保障されているのは、神が守っていてくださる結果であって私達が自分で救いを保つのではないのです。

主イエスキリストは宣言されました。「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることなく、また、誰もわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。わたしに彼らをお与えになった父はすべてに優って偉大です。誰もわたしの父の御手から彼らを奪い去ることはできません。」(ヨハネ10章28−29節)イエスと御父が私たちを御手の中にしっかりと握っていて下さるのです。 誰が御父と御子の手の中からもぎ取ることができるでしょう?

エペソ4章30節では、信じる者が「贖いの日のために証印を押されている」と宣言しています。もし信じる者に永遠の保障がなかったら、本当に贖いの日のために証印が押されているのではなく、ただ、次に罪を犯す日、または背教の日のためということになります。 ヨハネ3章15−16では、誰でもイエスキリストを信じる者は‘永遠のいのち’を持つと言っています。 もし、永遠のいのちを約束されたのに、後で取りあげられるなら、それはもともと永遠のいのちではなかったということになります。もし永遠の保障が本当でなかったら、聖書の永遠のいのちの約束は間違っていたということになります。

永遠の保障についてのもっとも強力な議論がローマ書8章38−39節にあります。 「私はこう確信しています。死も、いのちも、み使いも、権威あるものも、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリストイエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。 私達の永遠の保障は、贖われた者に対する神の愛に根ざしているのです。私達の永遠の保障はキリストによって買い取られ、御父によって約束され、聖霊によって証印を押されているのです。



日本語のホームページに戻る



永遠の保障(保護)は聖書的か?