悪霊は、堕天使ですか?




質問: 悪霊は、堕天使ですか?

答え:
神がいつ天使を創造されたかについては、議論の余地がありますが、確かに分かっていることは、神はすべてのものを良いものとして造られたということです。なぜなら、聖なる方である神は、何か罪深いものを創造することはできないからです。ですから、一度は天使ルシファーであったサタンが神に反逆して天から落ちたとき(イザヤ14章、エゼキエル28章)天の軍勢の三分の一がサタンに従いました(黙示録12:3−4、9)。これらの堕天使が現在悪霊として知られていることに疑いの余地はありません。

マタイ25:41によって、地獄が悪魔とその使いのために準備された場所であることは分かっています。「それから、王はまた、その左にいる者たちに言います。『のろわれた者ども。わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火に入れ。』」所有格の「彼の(訳注:日本語では『その』と訳されている)」ということばを使うことによって、イエスはこれらの使いたちがサタンのものであることを明確にしておられます。黙示録12:7−9には、終わりのときの、ミカエルと「彼の使いたち」と悪魔と「彼の使いども」との間の戦いが説明されています。これらや、またほかの同じような箇所から、悪霊と堕天使とは同義語であることは明らかです。

ユダ6節に、罪を犯した天使たちが「永遠の束縛をもって、・・・閉じ込められました」と書いてある事実によって、悪霊が堕天使であるという考え方を否定する人たちもいます。しかしながら、罪を犯したすべての天使が「閉じ込められた」のではないことは、サタンがいまもって自由である(Iペテロ5:8)ことからして明らかです。なぜ神は堕天使の残りを閉じ込められたのに、反逆のリーダーを自由でいさせておられるのでしょう?ユダ6節は、神が、さらなる反逆をした堕天使を監禁されたことに言及しているようです。おそらく、創世記6章の「神の子ら」のできごとでしょう。

悪霊の起源についての、もっとも一般的な別の説明は、創世記6章のネフィリムが洪水で滅びたとき、彼らの肉体から離れたたましいが悪霊になったというものです。聖書にはネフィリムが殺されたときに彼らのたましいがどうなったかについて特に何も書かれてはいませんが、ネフィリムのたましいが悪霊としてより悪いことをするのが分かっているのに、神がネフィリムをそのために滅ぼされるというのは、あり得ないことでしょう。悪霊の起源についてのもっとも聖書的で終始一貫した説明は、彼らが堕天使、つまりサタンと一緒に神に反逆した天使たちだというものです。



日本語のホームページに戻る



悪霊は、堕天使ですか?