信者は聖霊を感じることができなければなりませんか?




質問: 信者は聖霊を感じることができなければなりませんか?

答え:
聖霊の特定のミニストリーの中には罪の自覚、慰め、そして力の満たしのように感情を伴うものもありますが、聖書は、私たちがどのように感じるかという感情に私たちと聖霊の関係の基礎をおくようには教えていません。ひとりひとりの新生した信者のうちには聖霊が住んでおられます。イエスは、慰め主が来れば、その方は私たちとともに、そして私たちのうちにおられると言われました。「わたしは父にお願いします。そうすれば、遅々はもうひとりの助け主とあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。その方は、真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず、知りもしないからです。しかし、あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。」(ヨハネ14:16−17)言い換えると、イエスはご自分と似た方を私たちとともに、また私たちのうちにおられるために送ってくださると言うのです。

私たちは聖霊が私たちとともにおられることを知っています。なぜなら神のことばがそう言っているからです。すべてのボーンアゲイン(新生)した信者のうちには、聖霊が住んでおられますが、すべての信者が聖霊に支配されているわけではありません。このふたつのことの間には、大きな違いがあります。私たちのうちに聖霊が住まわれてはいますが、私たちが肉に従って一歩を踏み出すなら、私たちは聖霊の支配下にはありません。使徒パウロはこの真理に言及し、私たちに理解できるような例を使っています。「また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。」(エペソ5:18)多くの人々はこの箇所を読んで使徒パウロがワインに反対しているのだと解釈します。しかしながら、この箇所の文脈は聖霊に満たされた信者の歩みと戦いについてです。ですから、ワインを飲みすぎることに対する警告以上の何かがここにあるのです。

ワインを飲みすぎたとき、人々は一定の特徴を示します。彼らは不器用になり、しゃべり方は不明瞭になり、判断力は損なわれます。使徒パウロはここで比較しています。ちょうどワインを飲みすぎた人が一定の特徴によってそれと分かるように、聖霊に支配された人がそれと分かる一定の特徴があるはずです。ガラテヤ5:22−24には、霊の実について書かれています。これは聖霊の実であって、聖霊の支配下にあるボーンアゲインした信者によって示されるものです。

エペソ5:18の動詞の時制は、聖霊に「満たされ続ける」という持続的なプロセスを示しています。これは勧告ですから、聖霊に満たされないとか支配されないことも可能であるということです。エペソ5章のこのあとには、霊に満たされた信者の性質があげられています。「詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。キリストを恐れ尊んで、互いに従いなさい。」(エペソ5:19−21)

私たちはそう感じるから聖霊に満たされているのではありません。それがクリスチャンの特権であり財産であるからです。聖霊に満たされるとか支配されるということは、主に従って歩んでいることの結果です。それは恵みの賜物であって、感情的なフィーリングではありません。感情は私たちを裏切ります。また、聖霊からのものではなく、自分で純粋に肉から来る興奮のうずを巻き起こすこともできます。「私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。・・・もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて進もうではありませんか。」(ガラテヤ5:16、25)

とは言うものの、御霊のご臨在と力に圧倒されることがあることも否定できません。そしてしばしば、それは感情的な体験です。そのときにおこることは、他に比べようの無い喜びです。人々が契約の箱を持ってエルサレムに上ってきたとき、ダビデ王は、「力の限り踊った」(IIサムエル6:14)と書いてあります。御霊によって喜びを経験することは、神の子どもとして私たちが神の恵みによって祝福されていることを理解することです。ですから、確かに、聖霊のミニストリーは私たちのフィーリングと感情にも関わります。それと同時に、私たちは聖霊が私たちのうちにおられることを、自分がどう感じるかに基づいて確信しようとするべきではありません。



日本語のホームページに戻る



信者は聖霊を感じることができなければなりませんか?