なぜ神は私たちに4つの福音書を与えられたのですか?




質問: なぜ神は私たちに4つの福音書を与えられたのですか?

答え:
神がなぜひとつではなく4つの福音書を与えられたかの理由をいくつかあげてみましょう。

1)キリストがどのような方か、より完全な描写をするため。聖書全体が神の霊感によって書かれたものですが(IIテモテ3:16)、神は背景も違い、個性も違う人間の著者たちが書くことを用いて、ご自分の目的を達成されました。それぞれの福音記者たちが、自分の書いた福音の背景に特別な目的を持ち、これらの目的を達成するのにあたってそれぞれがイエス・キリストの人となりとミニストリーの別の局面を強調したのです。

マタイは、へブル人の聴衆のために書いており、彼の目的のひとつは、イエスの系図と旧約聖書の預言の成就から、イエスがが長い間待ち望まれたメシヤであるから、イエスを信じなければならないということを示すことでした。マタイの強調点は、イエスが約束の王であり、「ダビデの子」で、イスラエルの王座にとこしえにつかれる方であることです(マタイ9:27、21:9)。

バルナバのいとこであるマルコ(コロサイ4:10)は、キリストの生涯の目撃者であると同時に、使徒ペテロの友人でもありました。彼は、異邦人の聴衆のために書きました。彼はユダヤ人読者にとって大切なこと(系図、キリストと同時代のユダヤ人指導者たちとの論争、頻繁な旧約聖書の引用など)を含まずに彼の福音書を世に出しました。マルコは苦しみを受けるしもべ、仕えられるためではなく人に仕えて多くの人のための贖いの代価としてご自分のいのちを与えるためにこられた方としてのキリストを強調しています(マルコ10:45)。

「愛する医者」(コロサイ4:14)、伝道者、使徒パウロの同伴者であるルカは、ルカの福音書と使徒行伝を書きました。ルカは新約聖書で唯一の異邦人の著者です。彼は、彼の文書を地質学的、また歴史的研究に用いてきた人々から、長い間勤勉ですぐれた歴史家として受け入れられてきました。歴史家として、彼はキリストの生涯の順序だった記事を、目撃者の証言に基づいて書きとめておくのが自分の目的であると述べています(ルカ1:1−4)。彼は特に明らかに何らかの名声のある異邦人、テオピロのために書きましたから、彼の福音書は異邦人の聴衆を念頭に置いて書かれています。そして、彼の目的は、クリスチャンの信仰は歴史的に信頼でき、立証できるできごとに基づいていることを示すことです。ルカはたびたびキリストを「人の子」と呼び、キリストの人間性を強調し、ほかの福音書には記されていない多くの詳細を書いています。

使徒ヨハネによって書かれたヨハネの福音書は、ほかの3つの福音書とは違っていて、キリストの人となりと信仰の意味に関する神学的な内容を多く含んでいます。マタイ、マルコ、ルカは書き方のスタイルも似ており、キリストの生涯の概観を書くことで内容も共通しているので「共観福音書」と呼ばれています。ヨハネの福音書は、イエスの誕生や地上でのミニストリーで始まらず、イエスが人となられる前の神の子としての活動やご性質で始まっています(ヨハネ1:14)。ヨハネの福音書は、キリストの神性を強調しています。そのことは、「ことばは神であった」(ヨハネ1:1)、「世の救い主」(ヨハネ4:42)、「神の子」(繰り返し使われている)、「・・・主、・・・神」(ヨハネ20:28)などという言い回しに見ることができます。ヨハネの福音書では、イエスご自身も「わたしはある」といういくつかの言及でご自身が神であることを確認しています。それらの中でもっとも注目に値するのは、ヨハネ8:58でイエスが「・・・アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです」と言われた場面です(出エジプト記3:13−14と比較参照のこと)。しかしヨハネは、キリストの人間性を信じなかった彼の時代の宗教分派であるグノーシス派に、彼らの間違いを示そうとして、イエスの人間性もまた強調しています。ヨハネの福音書は、ヨハネがこれを書いた大きな目的を一字一句説明しています。「この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。」(ヨハネ20:30−31)

そのようにして、4つの、別々でしかもどれも同様に正確なキリストの記事、キリストの人となりとミニストリーを違う局面から扱った記事が啓示されました。説明を超えた方のより完全な描写を形づくるために、ひとつひとつの記事がタペストリーを織り成すそれぞれ違った色の糸のようになります。そして、私たちは決してイエス・キリストについてのすべてのことを完全に理解することはできませんが(ヨハネ20:30)、4つの福音書をとおして、イエスがどんな方であるか、私たちが主への信仰によっていのちを得るためにイエスが私たちのために何をしてくださったかを感謝するのに十分なほどに主を知ることができるのです。

2)私たちが客観的に福音書の真実性を見分けることができるようになるため。聖書には、その一番最初から、法廷においてひとりの証人だけに基づいて罪が立証されるべきではなく、最低でもふたりか三人の証人が要求されることが書かれています(申命記19:15)。全くそのとおりに、イエス・キリストの人となりと地上でのミニストリーの別々の記事があることで、私たちは主に関する情報の正確さを査定することができます。

人々によく知られ、法廷での信頼できる証拠はどういったもので構成されているかに関する権威者として受け入れられているサイモン・グリーンリーフは、法律の立場で4福音書を検証しました。4つの福音書に書かれている目撃者の証言記事は、信頼しうる、独立した情報源で、法廷で受け入れられる強力な証拠の典型的なものであると彼は記しています。これらの記事同志は一致するが、著者がほかの福音書とは違う詳細を省いたり足したりしているのです。福音書すべてが同じ詳細を同じ見地から書いた全く同じ情報を含んでいるとしたら、それはたとえば前もって著者たちが「物語を正しくするために」集まって、彼らの書いたものを信用できるものに見えるように共謀した、ということを示すことにならないでしょうか。一見しただけでは矛盾しているようにさえ見える福音書間の違いは、文書のそれぞれが独立した性質であることを物語っています。ですから、独立した性質の4つの福音書の記事は、私たちがキリストの生涯とミニストリーとして福音書の中に持っている記録が、事実であり、信頼できるものであることを示しています。これらの記事は、情報は一致していても、見地や、詳細の量、またどの出来事を記録するかが違っているのです。

3)熱心な求道者に報いるため。ひとつひとつの福音書の個別の学びによって私たちは多くを学びます。しかし、イエスのミニストリーの特別な出来事の記事を比べたり対照させることで、もっと多くを学ぶことができるのです。たとえば、マタイ14章には、イエスが5000人を養われたことと水の上を歩かれた記事があります。マタイ14:22には、「イエスは弟子たちを強いて舟に乗り込ませて、自分より先に向こう岸へ行かせ、その間に群衆を帰してしまわれた」と書かれています。なぜイエスはそうされたのでしょう?マタイの記事には、はっきりした理由は書かれていません。しかし、この記事をマルコ6章と合わせてみると、弟子たちはふたりずつで送り出されたとき、イエスに与えられた権威によって悪霊を追い出し、病をいやし て帰って来たところだということが分かります。しかし彼らは「頭でっかち」になって帰って来て、自分たちの立場を忘れ、イエスを指導しようとするのです(マタイ14:15)。ですから、彼らを夜にガリラヤ湖の向こう岸に送ることで、イエスは2つのことを彼らに示されました。彼らが、自分たちをよりどころとして次の朝早くの時間にいたるまで波と風とに悩まされることで、1)自分たち自身の能力では神のためになにも達成することはできないこと2)彼らが主に呼ばわり、主の力に頼って生きるなら、不可能はないということを分かり始めたのです。時間をとってみことばを比較して学び、神のことばを勤勉に学ぶなら、同じような「宝石」が隠されている箇所が聖書の中にはたくさんあるのです。



日本語のホームページに戻る



なぜ神は私たちに4つの福音書を与えられたのですか?