黙示の4人の騎手とは誰ですか?




質問: 黙示の4人の騎手とは誰ですか?

答え:
黙示の4人の騎手は黙示録6章の1−8節に説明されています。4人の騎手は、終わりのときに起こる違うできごとの、象徴的な説明です。最初の黙示の騎手は、黙示録6:2で示されています。私は見た。見よ。白い馬であった。それに乗っている者は弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上にさらに勝利を得ようとして出て行った。」この最初の騎手は、反キリストを示しているようです。彼は権威を授けられ、彼に逆らう人々すべてを征服します。反キリストは、白い馬で帰って来られる本当のキリストの、偽の模倣者です。

黙示の第二の騎手は、黙示録6:4に登場します。「すると、別の、火のように赤い馬が出て来た。これに乗っている者は、地上から平和を奪い取ることが許された。人々が、互いに殺しあうようになるためである。また、彼に大きな剣が与えられた。」T第二の騎手は、終わりのときに勃発する悲惨な戦争を示しています。第三の騎手は黙示録6:5−6に出てきます。「・・・見よ。黒い馬であった。これに乗っている者は量りを手に持っていた。すると私は、ひとつの声のようなものが、四つの生き物の間で、こう言うのを聞いた。『小麦一枡は一デナリ。大麦三枡も一デナリ。オリーブ油とぶどう酒に害を与えてはいけない。』」黙示の第三の騎手は、おそらく第二の騎手の戦争の結果であろうと思われる、大飢饉を示しています。

第四の騎手は黙示録6:8に言及されています。「私は見た。見よ。青ざめた馬であった。これに乗っている者の名は死といい、そのあとにはハデスがつき従った。彼らに地上の四分の一を剣とききんと死病と地上の獣によって殺す権威が与えられた。」第四の黙示の騎手は、死と荒廃の象徴です。彼以前の騎手たちの組み合わせのように見えます。第四の黙示の騎手は、恐ろしい疫病と病気に合わせて、さらなる戦争とひどいききんをもたらします。驚くべきこと、というか、恐らくぞっとすることは、4人の黙示の騎手たちは、あとから艱難の時に来るもっとひどい裁きの「前触れ」でしかないということでしょう(黙示録8−9章と16章)。



日本語のホームページに戻る



黙示の4人の騎手とは誰ですか?