暴食は罪ですか?暴食について聖書は何と言っていますか?




質問: 暴食は罪ですか?暴食について聖書は何と言っていますか?

答え:
暴食(大食)の罪は、クリスチャンが無視したい罪のようです。私たちはよく喫煙や飲酒については、すぐに罪としてレッテルを貼るのですが、どうしたわけか、暴食は、受け入れられ、または、少なくとも大目に見られています。喫煙や飲酒に対して用いられる議論―健康を害するとか依存症の可能性があるとかの―その多くは大食にも同様に当てはまるのです。 多くのクリスチャンは、ワインを一杯飲むとか、タバコを吸うことなど思いもしませんが、満腹以上になるほど大食いすることなど、懸念もしていません。そうであってはいけません。

箴言23章20-21節は警告しています。「大酒飲みや、肉をむさぼり食う者と交わるな。大酒飲みとむさぼり食う者とは貧しくなり、惰眠をむさぼる者は、ぼろをまとうようになるからだ。」箴言28章7節は、「おしえを守る者は分別のある子、放蕩者(むさぼる者)と交わる者は、その父に恥ずかしい思いをさせる。」と宣言しています。箴言23章2節では、「あなたが食欲の盛んな人であるなら、あなたののどに短刀を当てよ。」と言っています。

肉の欲は、私達がどれだけ自己を制することができるかの能力に類似しています。もし食事の習慣を制御することができないなら、他の習慣、心の習慣 (情欲、強欲、怒りなど)をも制御することは多分不可能でしょう。そして、ゴシップや争いから自分の口を守ることもできないでしょう。 私達は自己の肉欲に支配されるのではなく、自分で自己の肉の欲を制御しなければならないのです。(申命記21章20節、箴言23章2節;第2ペテロ1章5-7節;第2テモテ3章1-9節;第2コリント10章5節を参照)何事でも、過度になるのを断る能力―つまり自制―は、すべての信者に共通する御霊の実のひとつです。(ガラテヤ5章22節)

神は、おいしい、栄養になる、また満足する多くの食べ物で地を満たして祝福してくださいました。私達は、これらの食べ物に支配されるのではなく、それを楽しんで、適切な量を食べることで神の創造をほめたたえるべきです。神は、私達が肉欲にコントロールされる代わりに、それをコントロールするようにと言われているのです。



日本語のホームページに戻る



暴食は罪ですか?暴食について聖書は何と言っていますか?