聖書はいやしについて何と言っていますか?キリストの贖いにはいやしがありますか?




質問: 聖書はいやしについて何と言っていますか?キリストの贖いにはいやしがありますか?

答え:
あとからもう一度Iペテロ2:24に引用されている、イザヤ53:5はいやしに関する重要な手がかりとなる節ですが、また、しばしば誤解され、間違って適用される節でもあります。「しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」(イザヤ53:5)「いやされた」と訳されていることばは、霊的ないやしと肉体的ないやしのどしらをも意味することばです。しかしながら、イザヤ53章とIペテロ2章の文脈から、霊的ないやしのことを語っているのはあきらかです。Iペテロ2:24は「そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです」と言っています。この節は、罪と義について語っているのであって、病気と疾患について話しているのではありません。ですから、「いやされた」というのは、どちらの箇所でも赦されて救われたことを話しているのであって、肉体的ないやしではありません。

聖書は特に肉体的ないやしと霊的ないやしを結び付けてはいません。ときには、キリストを信じることで肉体的にいやされることもありますが、いつもそうだというわけではありません。いやすことが神さまのみこころであるときもありますし、そうでないときもあります。使徒ヨハネは、このことについての適切な見方を教えてくれます。「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを 聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。」(Iヨハネ5:14−15)神さまは、今も奇蹟を起こされます。神さまは、今も人々をいやされます。 病気、疾患、痛み、そして死は、今もこの世界の現実です。主が戻ってこられない限り、クリスチャンも含め、現在生きているうちのとても多くの人々が肉体的な問題(病気、疾患、ケガ)が原因で死ぬでしょう。肉体的ないやしは、いつでも神さまのみこころというわけではないのです。

究極的に、私たちの肉体の完全ないやしは、天国に待っています。天国には、痛みも、病気も、疾患も、苦しみも、死もありません(黙示録21章)。この世では、私たちは自分の体調のことばかりに気を取られていないで、もっと霊的な状態のことを考えるべきです。そうすれば私たちは、天国と、もう私たちの肉体的な問題を心配する必要のなくなるときに心を向けることができます。黙示録21:4「(神が)彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」



日本語のホームページに戻る



聖書はいやしについて何と言っていますか?キリストの贖いにはいやしがありますか?