天国とはどんなところ?




質問: 天国とはどんなところ?

答え:
天国は聖書に叙述された実際にある場所です。「天」という単語は新約聖書だけでも276回出てきます。聖書は三つの天について述べています。使徒パウロは、「第三の天にまで引き上げられました。」しかし、そこでの体験を明らかにすることは禁じられていました。(第2コリント12章1-9節)

もし、第三の天が存在するのなら、他にもう二つの天が存在するはずです。第一の天は旧約聖書で一番多く「空」とか「大空」として出てくるものです。これは、雲があり、鳥が飛ぶ区域の天のことです。第二の天は星と星との空間/地球の大気圏外の宇宙、つまり星、惑星、その他の 天体物質の宿る場所のことです。(創世記1章14-18節)

第三の天は、その場所がどこか示されてないのですが、神の住み家です。イエスは、本当のクリスチャンの住む場所を天に準備すると約束されました。(ヨハネ14章2節)天国は、神の救い主の約束を信じて死んで行った旧約時代の聖徒たちの行き先でもあります。(エペソ4章8節)キリストを信じる者はだれでも、滅びることなく永遠のいのちを持っています。(ヨハネ3章16節) .

使徒ヨハネは、天にある都を見てそれを記録するという特権に預かりました。(黙示録21章10―27節)ヨハネは、天(新しい地)には神の栄光(黙示録21章11節)、つまり神ご自身の臨在があるということを目撃しました。天国には、夜がなく、主ご自身が光なので、太陽も月も要らないのです。(黙示録22章5節)

天の都は高価な宝石と混じりけのないガラスのような碧玉の輝きで満ちています。天には十二の門(黙示録21章12節)と十二の土台石があります。(黙示録21章14節)エデンの園の楽園が復旧されて、いのちの水の川が流れ、いのちの木ももう一度その実を毎月実らせるようになります。その木の葉は諸国の民を癒します。(黙示録22章1-2節)ヨハネの天国の叙述がどんなに雄弁であっても、天国の現実を表現するのは有限な人間の能力をはるかに超えたことです。(第1コリント2章9節)

天国は、“もはやない”という場所です。もはや涙もなく、苦しみも悲しみももはやない場所なのです。(黙示録21章4節)そこにはもはや離別もありません。なぜなら 死は克服されたから。(黙示録20章6節)天国の一番良いところは、私達の主であり救い主であるお方がおられることです。(第1ヨハネ3章2節)私達はその神の子羊に顔と顔を合わせて会えるのです。その神の子羊は、私達を愛し、私たちが永遠に天にてご臨在を楽しむことができるようにと、ご自分を犠牲にされたのです。



日本語のホームページに戻る



天国とはどんなところ?