聖書は人種の違う者同士の結婚について何と言っていますか?




質問: 聖書は人種の違う者同士の結婚について何と言っていますか?

答え:
旧約聖書では、イスラエル人が他の人種と結婚することはいけないとして禁じています(申命記7章3−4節)。この理由は、イスラエル人がもし、偶像礼拝者や異教徒と結婚すると、惑わされて、まことの神から離れて行ってしまうかもしれないからでした。 同じような原則が新約聖書にも述べてあります。もっと違うレベルでですが。「不信者とつり合わぬくびきを一緒につけてはいけません。正義と不法とに、どんなつながりがあるでしょう。光と暗やみとに、どんな交わりがあるでしょう?」(第2コリント6章14節) イスラエル人(唯一まことの神を信じる者)が未信者と結婚しないようにと命令されたように、クリスチャン(唯一まことの神を信じる者)も未信者とは結婚しないようにと命令されているのです。 特にこの質問に答えると、いいえ、聖書は、違う人種間の結婚が間違っているとは言っていません。

人はその肌の色ではなく、その人格で判断されるべきです。私達はみな、えこひいきしたり、偏見を持ったり、人種差別をしたりしないようによく気をつけるべきです。(ヤコブ2章1−10節、特に1節と9節) クリスチャンの男女が結婚相手を選ぶ水準は、必ず、相手がクリスチャンであるかどうかであるべきです。(第2コリント6章14節)。その人がキリストイエスに信仰を置いて新しく生まれ変わっているかどうかです。(ヨハネ3章3−5節)結婚相手を選ぶ聖書的な水準は、肌の色ではなく、キリストを信じる信仰です。 異なった人種間の結婚は正しいとか間違っているとかの問題ではなく、知恵と識別力と祈りの問題です。

人種の違う者同士の結婚を、よく気をつけて考慮すべき唯一の理由は、他の人たちが人種の違う夫婦を受け入れることができないということから困難がおきる可能性があるからです。多くの異人種の夫婦が差別やあざけりを、時には自分達の家族からさえも受けることがあります。 その子供の肌の色合いが親や兄弟と違う場合にも、困難が生じることもあります。 人種の違う二人は、結婚を決心する前に、これらのことを考慮に入れ、またそういうことが起こるかもしれないと心の準備をした上で、結婚に踏み切るべきなのです。けれども、もう一度いいますが、聖書がクリスチャンの結婚に関して、唯一制限しているのは、相手がキリストの体のメンバーでなければいけないということだけなのです。



日本語のホームページに戻る



聖書は人種の違う者同士の結婚について何と言っていますか?