死んだ後にいのちはありますか?




質問: 死んだ後にいのちはありますか?

答え:
死んだ後にいのちがありますか?聖書は「女から生まれた人間は、日が短く、心がかき乱されることでいっぱいです。花のように咲き出ては切り取られ、影のように飛び去ってとどまりません……人が死ぬと、生き返るでしょうか」(ヨブ記14章1−2、14節)と言っています。

ヨブのように、私たちのほとんどがこの質問にぶつかるでしょう。正確に私たちが死んだら、何が起こるのでしょう?私たちは単に存在することが終わるのでしょうか?いのちは個人の偉大さを達成するために、この世を出たり戻ったりする回転ドアでしょうか?みんなが同じところに行くのでしょうか?それとも、私たちは違うところへいくのでしょうか?天国とか地獄は本当にあるのでしょうか?それとも、それは単に心理的なものでしょうか?

聖書は、死後の世界があるだけでなく、永遠のいのちがあることを教えています。それは、栄光輝く「目がみたことのないもの、耳がきいたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」(コリント人への手紙第一2章9節)イエス・キリスト、人の姿をとった神が、この永遠のいのちの贈り物を与えるために、この世に来られました。「彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた」(イザヤ書53章5節)。

イエスさまはご自分のいのちを捧げ、私たちが受けるべき刑罰を取ってくださいました。3日後に、墓からよみがえったことにより、霊においても、肉においても、死に対する彼の勝利を証明しました。イエスさまは、その後40日間地上に留まられ、天の永遠の御住まいに昇る前に多くの人々に証しされました。ローマ人への手紙4章25節には「主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです」と書いてあります。

キリストのよみがえりは、きちんと記録された事実です。使徒パウロは、人々に、よみがえりの正当さを証明するために、目撃者達に質問してみるように挑みました。その結果、誰一人としてその事実に異議を唱える人がなかったのです。よみがえりはクリスチャンの信仰の礎石です。なぜなら、キリストが死からよみがえられたからこそ、私たちもいつかよみがえることができると確信できるからです。

パウロは、このことを信じなかった初期のクリスチャンたちにこのように警告しています。「ところで、キリストは死者の中から復活された、と宣べ伝えられているのなら、どうして、あなたがたの中に、死者の復活はない、と言っている人がいるのですか。もし、死者の復活がないのなら、キリストも復活されなかったでしょう」(コリント人への手紙第一15章12−13節)。

キリストの復活は、死からよみがえるべき人達の、大いなる刈り取りの始まりでした。肉の死は、私たちの先祖であるアダムという一人の人間を通して来ました。しかし、イエス・キリストへの信仰を通して神の家族とされた人たちすべてには、新しい命が与えられるのです(コリント人への手紙第一15章20節−22節)。神がイエスさまの体をよみがえらせたように、その力によって私たちの体をも、よみがえらせてくださるのです(コリント人への手紙第一6章14節)。

私たちはいずれ復活しますが、誰もが一緒に天国に行けるわけではありません。永遠に行く所は、この世において、ひとりひとりが自ら選んで決めなければならないのです。聖書は、私たちが一度死ぬこと、そして死後にさばきを受けることが決まっていると言っています(ヘブル人への手紙9章27節)。正しい人たちは永遠のいのちに入りますが、信じない者たちは永遠の刑罰(地獄)へ送られます(マタイの福音書25章46節)。

地獄も天国と同じように、単なる心理的なものではなく、文字通りのまぎれもない事実であり、実際に実在します。そこは、正しくない者たちが、終わりのない、神の永遠の怒りを経験する場所です。彼らは、感情的、精神的、肉体的な苦痛に耐えながら、恥と、後悔と、さげすみに苦しむのです。

地獄は底知れぬ所であり(ルカの福音書8章31節、ヨハネの黙示録9章1節)、そして火の湖で、硫黄で燃やされ、そこに住む者たちが昼も夜も永遠に苦しめられる所(ヨハネの黙示録20章10節)と書かれています。地獄で人々は、激しい嘆きと怒りで、泣いて歯ぎしりをするのです(マタイの福音書13章42節)。そこでは、「彼らを食ううじは、尽きることがなく、火は消えることがありません」(マルコの福音書9章48節)。神は決して悪者の死を喜びません。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶのです(エゼキエル書33章11節)。しかし、神は服従することを強制しません。もし、私たちが神を拒絶することを選ぶなら、神は、私たちの望む「神から離れた生き方」を選ばせるしかないのです。

この世でのいのちはテストです。それは、この世の後に来る時のための準備です。そして信じる者たちには、神の臨在される永遠の命が与えられるのです。それでは、どのようにしたら私たちは正しい者とされ、永遠のいのちを受けることができるのでしょうか?それは、唯一の道、神の御子イエス・キリストへの信仰を通してだけ与えられるのです。イエスさまは言いました。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません」(ヨハネの福音書11章25−26節)。

永遠のいのちの贈り物は、誰にでも与えられます。しかし、そのためには、私たちがこの世の楽しみを否定し、自分自身を神に捧げなければなりません。「御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる」(ヨハネの福音書3章36節)。私たちが死んだ後には、罪の悔い改めをする機会が与えられていません。なぜなら、死んで神と直面すれば、私たちは選択の余地なく、神を信じるからです。神は、私たちが信仰と愛をもって、今、神のもとに来ることを望んでいます。もし、神に対する私たちの罪深い反抗を償うためにイエス・キリストが死んでくださったと信じるのならば、私たちのこの世での人生は意味のあるものとなるだけでなく、さらには、キリストの臨在される永遠のいのちが保証されているのです。

もし、イエス・キリストをご自分の救い主として受け入れたいのでしたら、ここに祈りのサンプルがあります。覚えておいていただきたいのは、この祈りや、他の祈りを言うことによって、あなたが救われるのではありません。キリストを信じることだけが、あなたを罪から救うのです。この祈りは、単に、キリストへの信仰を表現し、救いを与えた主に感謝する一つの方法です。「神さま、私はあなたに対して罪を犯し、罰を受けるべき者です。しかし、イエス・キリストが、私が受けるべき罰を受けてくださったので、信仰により私は赦されました。私は罪から立ち返り、救いのためにあなたに信頼を置きます。あなたのすばらしい恵みと赦し、永遠の命の贈り物を感謝します。アーメン。」

このサイトを読んで、キリストを受け入れる決意をされた方は、下の「私は今日キリストを受け入れました」 のボタンをクリックしてください。



日本語のホームページに戻る



死んだ後にいのちはありますか?