人は神なしで生きることが出来ますか?




質問: 人は神なしで生きることが出来ますか?

答え:
数世紀に渡って無神論者や不可知論者が主張してきたのとは反対に、人間は神なしに生きることは出来ません。神を認めなくてもこの世の人生を送ることはできますが、神に関する事実なしには生きられません。

創造者として、神は人間の命を始めさせました。人は神なしに存在できると言うことは、腕時計が時計を作る人なしに存在できる、または、物語が語る人なしに存在できると言うようなものです。私たちが、神の形に造られて存在するのは、創造してくださった神のおかげなのです。(創世記1章27節)私たちが神の存在を認めようが認めまいが、私たちの存在は神にかかっているのです。

維持するお方として、神はいのちを授け続けておられます。(詩篇104編10−32節) 神はいのちであり(ヨハネ14章6節)、キリストの力によって万物は成立っています。(コロサイ1章17節)神を拒否している人でさえ、神からその食べ物を受けています。「天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。」(マタイ5章45節)人間が神なしに生きられると思うのは、ひまわりが太陽の光なしに、またバラが水なしに生き続 けるだろうと思うようなものです。

救い主として、神は信じる者に永遠のいのちを与えてくださいます。キリストのうちにいのちがあり、そのいのちが世の光です。(ヨハネ1章4節)イエスが来られたのは、私たちがいのちを得るため、「 また、それを豊かに持つためです。」(ヨハネ10章10節)誰でもキリストに信頼を置く者は永遠にキリストと共にいることを約束されています。(ヨハネ3章15-16節)人が本当に生きるためには、キリストを知らなければなりません。(ヨハネ17章3節)

神なしには、人間はただの肉体のいのちだけしかありません。神はアダムとエバに、神を拒否したその日に、「必ず死ぬ」と警告されました。(創世記2章17節)ご存知のように、彼らは神に反逆しました。しかし、その日に肉体的には死にませんでした。ただ霊的に死んだのです。彼らのうちで何かが死んだのです。それまで知っていた霊的ないのち、神との親しい交わり、神を楽しむ自由、純真無垢な魂などは、すっかりなくなってしまいました。

神と共に交わるために造られたアダムは、完全に肉的な存在としてのろわれてしまいました。神がちりから栄光へ行かせるつもりで造られた人間は、今ではちりからちりにもどることになってしまいました。アダムと同様に、神なしの人は今日、ただこの世だけの存在として生きています。そんな人は見かけは幸せに見えるかもしれません。もちろん、この世でも喜びや楽しみはあるのですから。しかし、その喜びや楽しみでさえ、神との関係抜きで全部受けることはできません。

神を拒んでいる人の中には、気晴らしや歓楽の人生を送っている人がいます。彼らの肉的追求を見ると、のんきで満たされた存在のように見えます。聖書は罪にはある程度の楽しみがあると言っています。(へブル書11章25節)問題なのは、それが一時的なもので、この世での人生は短いということです。(詩篇90篇3-12節)遅かれ早かれ、放蕩息子のたとえのように、快楽主義者は世的な楽しみは長続きしないことに気が付きます。(ルカ15章13-15節)

しかしながら、神を拒む人の誰もが空虚な快楽追求者だとは限りません。 自制したまじめな人生、また幸せで満たされた人生さえをも送っている未信者の人も多くいます。聖書はこの世の誰にも役立つある道徳的原則を提供しています。貞節、正直、自制、などです。しかし、再度言いますが、神なしでは、人にはこの世だけしかないのです。この人生を何事もなくすらすらと生き抜いても、あの世に行く準備ができているという保障はありません。ルカ12章16−21節の金持ちの農夫のたとえを見てください。それから、金持ちで(非常に道徳的な)若者とイエスのやり取りを見てください。(マタイ19章16−23節)

神なしには、人はこの世においてさえ、満たされないのです。人は他の人との平和を持っていません。なぜなら、自分自身に対して平安でないからです。人は自分に対しても不安です。なぜなら、神との平和がないからです。楽しみのためだけに快楽を追い求めるのは、心が騒いでいるしるしです。歴史の中でも快楽追求者たちは、人生の一時的気晴らしのせいで、もっと深い絶望に落とし入れられたということを何度も見ています。「 何かがおかしい、何かが変だ」という気がいつも伴うのは、なかなか振り払いにくいものです。 ソロモン王はこの世の提供するものすべてを追求しました。その結果発見したことを伝道者の書に書き残しています。

ソロモンは、知恵そのものだけは空虚なものだと知りました。(伝道者の書1章12−18節)富も快楽もむなしいことを発見しました。(伝道者の書2章12−23節) 物質主義も富みもむなしいものだとわかりました。(6章)

ソロモンは、いのちは神の賜物であり(3章12−13節)、唯一賢い生き方は神を恐れることだという結論を出しています。「結局のところ、もうすべてが聞かされている ことだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。神は善であれ、悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざを裁かれるからだ。」(12章13−14節).

ことばを変えれば、人生には肉体的次元以外の次元があるということです。イエスが「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイ4章4節)といわれたのは、このポイントを強調して言われたのです。パン(肉的なもの)ではなく、みことば(霊的なもの)が私たちを生かしているのです。私たちのすべての不幸の治療法を自分のうちに見つけ出そうとするのは無益なことです。人間がいのちと満足を見つけるためには神を認めるだけしかありません。

神なしには、人間の行き着くところは地獄しかありません。神を知らない人は霊的に死んでいるのです。その肉体が死んだとき、その人は永遠に神から離別されてしまいます。 イエスがされた金持ちとラザロの話し(ルカ16章19−31節)で、金持ちは神のことなど考えず、快楽にあふれた楽しい暮らしをしました。ラザロは、反対に生存中苦しい生活をしましたが神を知っていました。この二人が生存中にした選択がいかに深刻であったかを知るのは、死んだ後のことでした。金持ちは、富を追い求める以外にも生きる方法があったことに気が付きますが、すでに遅かったのです。一方、ラザロはパラダイスで慰めらました。二人にとって、地上での短い存在が、魂の永遠の状態に比べたら、いかに色あせたものかわかります。

人間は特殊な創造です。神は人の心に永遠への思いをお与えになりました。(伝道者の書3章11節)その時間を越えた運命への思いは、神ご自身においてのみ見つけることができるのです。



日本語のホームページに戻る



人は神なしで生きることが出来ますか?