クリスチャンが救いを失うことはありえますか?




質問: クリスチャンが救いを失うことはありえますか?

答え:
この質問に答える前に、「クリスチャン」という言い方を定義しなければなりません。「クリスチャン」とは、祈ったことのある人のことでも、教会で結婚式をあげた人のことでも、クリスチャン・ホームで育った人のことでもありません。これらのことは、クリスチャンの経験の一部ではありえますが、これらのことがクリスチャンを「作る」のではありません。クリスチャンとは、信仰によってイエス・キリストが唯一の救い主であると受け入れ、イエス・キリストに完全に信頼した人のことです(ヨハネ3:16、使徒行伝16:31、エペソ2:8−9)。

それでは、この定義を念頭において、クリスチャンが救いを失うことはありえるでしょうか?おそらく、この大変に大切な質問に答えるのに最善の方法は、聖書が救いのときに何が起こると言っているかを調べ、救いを失うことが何を意味するかを学ぶことでしょう。いくつか、例を挙げます。

クリスチャンは新しく造られた者です。「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(IIコリント5:17)この節は、「キリストのうちに」ある者となった結果、全く新しく造られた者となった人のことを語っています。クリスチャンが救いを失うなら、新しい創造はキャンセルされ、逆戻りしなければなりません。

クリスチャンは贖われた者です。「ご承知のように、あなたがたが父祖伝来のむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです。」(Iペテロ1:18−19)「贖い出された」ということばは、買い取られ、代価が支払われたことを示しています。クリスチャンが救いを失うなら、神ご自身がキリストの尊い血をもって支払われた買取りを取り消さなくてはならなくなります。

クリスチャンは義と認められています。「ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。」(ローマ5:1)「義と認める」とは、「正しいと宣言する」ことを意味します。イエスを救い主として受け入れたすべての人は、神によって「正しいと宣言され」ています。クリスチャンが救いを失うなら、神はご自分の約束を破って、すでに宣言されたことを「否・宣言」しなければなりません。

クリスチャンは永遠の命を約束されています。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネ3:16)永遠の命とは、神と共に天国で過ごす永遠の約束です。神は、「信じなさい。そうすればあなたには永遠のいのちが与えられる」と約束されています。クリスチャンが救いを失うなら、永遠のいのちは取り去られなければなりません。もしクリスチャンが永遠に生きることを約束されているなら、永遠のいのちを取り去ることで神がこの約束を破ることができるでしょうか?

クリスチャンには、栄化が保証されています。 「神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。」(ローマ8:30)ローマ5:1で学んだように、義認は信仰を持った瞬間に宣言されます。ローマ8:30によれば、すべて神が義認された人々に栄化が保証されているのです。栄化はクリスチャンが天国で復活のからだを与えられることを指しています。クリスチャンが救いを失うなら、ローマ8:30は間違いということになります。なぜなら、神はご自分があらかじめ定め、召し、義と認めた人々のすべてに栄化を保証することができないことになるからです。

他にも、救いのときに何が起こったかの実例を分かち合うことができます。これらいくつかの例だけでも、クリスチャンが救いを失うことはありえないことははっきりしています。私たちがイエス・キリストを救い主として受け入れるときに私たちに起こると聖書が言っていることのほとんど(もし全部でないとすれば)が、もし救いが失われるなら無効になってしまいます。救いは逆戻りできません。クリスチャンは、新しくなく造られることはできません。贖いは逆転できません。永遠のいのちが失われるなら、それは永遠ではありません。もしクリスチャンが救いを失うことがありえるなら、聖書が、神は絶対にすることがないと言っている2つのこと、つまり神がご自分の約束を破って、心を変えなければならないことになります。

クリスチャンが救いを失うことがないという信条へのもっとも頻繁な反対意見は1)クリスチャンでありながら、不道徳な生活を続けている人はどうなのか?2)クリスチャンでも、あとになって信仰を拒否し、キリストを否定する人は?というものです。これら2つの反対意見の問題点は、「クリスチャンとはどういう人か」ということです。聖書は、本当のクリスチャンは不道徳な生活を続けることはないと言っています(Iヨハネ3:6)聖書は、信仰を捨てる人は、もともと自分が本当のクリスチャンではなかったことを証明しているとはっきり言っています(Iヨハネ2:19)ですから、どちらの反対意見も無効だということになります。クリスチャンは、不道徳な生活を続けることも、信仰を拒否してキリストを否定することもありません。そのような行動は、その人たちが贖われていないことの証明です。

クリスチャンが救いを失うことはありえません。神の愛からクリスチャンを引き離すことのできるものはひとつもありません(ローマ8:38−39)。神の御手からクリスチャンをもぎ取ることのできるものも何もありません(ヨハネ10:28−29)。神は、喜んで私たちにくださった救いを保証し、保持することのできるお方です。ユダ24−25「あなたがたを、つまずかないように守ることができ、傷のない者として、大きな喜びをもって栄光の御前に立たせることのできる方に、すなわち、私たちの救い主である唯一の神に、栄光、尊厳、支配、権威が、私たちの主イエス・キリストを通して、永遠の先にも、今も、また世々限りなくありますように。アーメン。」



日本語のホームページに戻る



クリスチャンが救いを失うことはありえますか?