獣の刻印(666)とは何ですか?




質問: 獣の刻印(666)とは何ですか?

答え:
「獣の刻印」について言及している主な聖書箇所は、黙示録13:15−18です。ほかにも、黙示録14:9、11、15:2、16:2、19:20と20:4でも触れています。この刻印は、反キリストとその偽預言者(反キリストの代弁者)に従う者のしるしです。偽預言者(第二の獣)こそが、人々にこの刻印を受けさせる張本人です。刻印は文字どおり手か額に刻まれるもので、持って歩くカードのようなものではありません。

最近の、医療チップ移植のテクノロジーの画期的な進歩は、黙示録13章で語られている獣の刻印に関する興味を増加させました。私たちが今日目の当たりにしているテクノロジーが、獣の刻印のために最終的に使われるかもしれない何かの始まりの段階を示している可能性はあります。移植される医療チップは獣の刻印ではないことを認識していることが大切です。獣の刻印は、反キリストを礼拝する者たちだけに与えられるものです。医療、もしくはクレジットのマイクロチップを右の手か額に移植することは、獣の刻印ではありません。獣の刻印は、終末の時に物を買ったり売ったりするために反キリストが強制するもので、反キリストを礼拝する者にのみ与えられるものです。

たくさんの優秀な黙示録の解説者たちが、獣の刻印の正確な性質についてかなり幅のある解説をしています。移植されたチップ説のほかにも、IDカード説、マイクロチップ説、肌に刺青されるバーコード説、または、単にその人が反キリストの王国に忠実であることを示す刻印説などがあります。この、最後の説は、聖書が提供している情報以外の何ものも付け加えないので、一番推測のいらないものです。言い方を変えれば、これらのことはどれも起こりうることではありますが、同時に推測にしかすぎません。詳細を推測することにあまりに多くの時間を割くべきではありません。

666の意味も、同様にミステリーです。ある人々は、2006年6月6日、つまり06・06・06に何か関係があるのではないかと推測しました。しかしながら、黙示録13章では666という数字は人物を表しているのであって、日付ではありません。黙示録13:18に「ここに知恵がある。(訳注:英語では「これには知恵が必要である」)思慮のある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である」と書かれています。どういうふうにかして、666という数字は反キリストを指し示すのです。何世紀にもわたって、聖書解釈者たちは666を使って特定の人物を見分けようとしてきました。決め手はありません。黙示録13:18が知恵が必要だと言っているのはそのためです。反キリストが現れるとき(II テサロニケ2:3−4)、そのものが誰であるのか、666という数字がどのように彼を見分けるのかが明らかにされるでしょう。



日本語のホームページに戻る



獣の刻印(666)とは何ですか?