クリスチャンが未信者と結婚している場合、どうすればいいのでしょうか?




質問:クリスチャンが未信者と結婚している場合、どうすればいいのでしょうか?

答え:
未信者と結婚していることは、クリスチャンの人がクリスチャン生活をするに当たって、最も難しいチャレンジのひとつといえるでしょう。結婚は、二人をひとつの体に結び付ける聖なる契約です。(マタイ19:5)信者が未信者と平和な一致した生活を送るのは非常に難しいことです。(第2コリント6:14-15)結婚した後に、夫婦のうち一人がクリスチャンになった場合、二つの違った権威の下に生きることで本来の戦いがすぐに明らかになります。

このような状況の下で、しばしばクリスチャンがこの結婚から抜け出す道を探そうとします。そうすることこそが神に栄光を帰す唯一の方法だと確信して。しかしながら、御言葉は、その反対を言っています。 その状況に満足するだけでなく、この挑戦的な状況にあって、神に栄光をもたらす方法を探すことも非常に重要です。(第1コリント7:17)第1コリント7:12-14では、特に未信者と結婚している人たちに対して述べています。「、、、信者の男子に信者でない妻があり、その妻が一緒にいることを承知している場合は、離婚してはいけません。また信者でない夫を持つ女は、夫が一緒にいることを承知している場合は、離婚してはいけません。なぜなら、信者でない夫は妻によって聖められており、また信者でない妻も信者の夫によって聖められているからです。、、、」

未信者と結婚しているクリスチャンは、キリストを告白し、神の臨在の光の中を歩むことを可能にするために、聖霊の力をいただくよう祈る必要があります。(第1ヨハネ1:7)クリスチャンは、彼らの心を変え、御霊の実を産み出すために、神の力を求めるべきです。(ガラテヤ5:22-23)クリスチャンである妻は、未信者の夫であっても、従順な心を持って対応する義務があります。(第1ペテロ3:1)そして、神と親しく歩み、従順になれるよう神の恵みに頼る必要があります。

クリスチャンは孤独な人生を送るように定められてはいません。クリスチャンは教会、聖書研究グループなどの外側からのサポートを見つける必要があります。未信者と結婚 しているからと言って、その関係の神聖さには変わりありません。だからすべてのクリスチャンは伴侶のために祈り、良い模範を示すことでキリストの光を輝かせることを優先順位にするべきです。(ピリピ2:14)

第1ペテロ3:1にある真理―未信者の伴侶を「勝ち取る」こと−が未信者と結婚しているすべてのクリスチャンの希望であり、道標でありますように。.



日本語のホームページに戻る



クリスチャンが未信者と結婚している場合、どうすればいいのでしょうか?