千年王国とは何ですか?文字通り千年の王国と理解すべきでしょうか?




質問: 千年王国とは何ですか?文字通り千年の王国と理解すべきでしょうか?

答え:
千年王国というのは、イエス キリストの地上での千年間の支配の名称です。ある人たちは、千年を比喩的に解釈しようとします。ある人は、千年は単に、「長い期間」を比喩的に表現したものだと理解します。そうすると、実際、文字通りキリストがこの地上に戻って支配してくださるのを期待しないことになります。しかしながら、黙示録20章2−7節では、6回も、特に、千年王国は1000年間だと言っています。 もし、神が、「長い期間」ということを伝達したかったのなら、それほど、時別に正確な時間帯を、何度も言わなくても簡単にできたはずです。

聖書は、キリストが地上に戻って来られる時、エルサレムにて、ご自分を王として立てられ、ダビデの王座に座られると教えています。(ルカ1章32−33節)無条件の契約なので、文字通り、キリストが実際に戻って来られ、王国を再建されることが必要になります。アブラハムとの契約ではイスラエルに、土地と子孫、支配者、霊的祝福 が約束されています。(創世記12章1−3節)パレスチナ契約ではイスラエルに土地の返還と所有が約束されています。(申命記30章1−10節)新しい契約は、イスラエルの罪の赦し、それによって受けるイスラエル国家の祝福 を約束しています。(エレミヤ31章31−34)

キリストの再臨の時、イスラエルは、散らされていた国々から再び集められ(マタイ24章31節)改心して(ゼカリヤ12章1014節)メシヤであるイエスキリストの支配の下にその土地に復興するのです。こうして、これらの契約は成就することになります。千年王国時代の状況は肉的にも霊的にも完全な状態になると聖書は述べています。それは、平和の時であり、(ミカ 4章2−4節;イザヤ32章17−18節)喜び(イザヤ61章7、10節)、慰め(イザヤ40章1−2節)の時、そして、貧困も(アモス9章13−15節)病気も(ヨエル2章28−29節)ない時だとあります。 聖書はまた、信者だけが千年王国に入ると言っています。そのせいで、完全な正義(マタイ25章37節;詩篇24章3−4節)、従順、(エレミヤ31章33節)完全な聖さ(イザヤ35章8節)と真実(イザヤ65章16節)、聖霊の満たしが完全になる(ヨエル2章28−29節)ときなのです。キリストが王として君臨され、(イザヤ9章3−7節;11章1−10節) 首長たちや長官達も共に支配することになります。(イザヤ32章1節;マタイ19章28節)エルサレムは世界の政治的中心となるのです。(ゼカリヤ8章3節)

黙示録20章2−7節は、単に、千年王国の正確な期間を教えています。これらの聖句がなかったとしても、他にも多くの聖句が文字通り、メシヤが地上にて千年間君臨されるということを示しています。神の契約の多くの約束が成就されるためには、文字通り、地上における未来の王国にかかっているのです。千年王国が文字通り千年であるという理解を否定する確固とした理由はどこにもないのです。



日本語のホームページに戻る



千年王国とは何ですか?文字通り千年の王国と理解すべきでしょうか?