新しい天と新しい地って何ですか?




質問: 新しい天と新しい地って何ですか?

答え:
天国が本当はどういう所であるかについて、間違った見解を持っている人がたくさんいます。黙示録の21−22章には、新しい天と新しい地についての詳細な様子が書かれています。終末のあと、現在の天と地とは除かれ、新しい天と新しい地がそれに取って代わります。クリスチャンの永遠の住まいは、新しい地です。新しい地が、私たちが永遠をすごす「天国」なのです。天の町、新しいエルサレムはこの新しい地に置かれます。真珠の門と黄金の通りがあるのは、この新しい地なのです。

天国、つまり新しい地は、私たちが栄化されたからだで住む、物理的な場所です(Iコリント15:35−58参照)。天国が「雲の中」にあるという概念は、聖書的ではありません。私たちが「霊となって天国をフワフワ浮かんで回る」という概念も、聖書的ではありません。クリスチャンが体験する天国は、私たちが住む新しい完璧な惑星です。新しい天には、罪も、悪も、病気も、苦しみも、死もありません。現在の地球にかなり近いか、もしかすると、罪の呪いだけがない、この地球の再創造であるかも知れません。

新しい天はどうなんでしょうか?古代の人々の考えの中では、「天」とは、神さまのおられる領土であると同時に、空と宇宙を指していることを覚えていることは大切なことです。ですから、黙示録21:1が新しい天について言及しているとき、それが宇宙全体が造られたことを示していると言えるでしょう。新しい天、新しい空、新しい宇宙です。神さまの「天」も、物理的にも霊的にも宇宙のすべてに「新しい出発」を与えるために造りかえられるかのようです。私たちは、永遠において新しい天に届くことができるのでしょうか?おそらく・・・でも、行って見なければ分かりません!M私たちすべてが、神さまのことばによって天国を理解することができますように!



日本語のホームページに戻る



新しい天と新しい地って何ですか?