ペット/動物は天国に行きますか?ペット/動物には魂がありますか?




質問: ペット/動物は天国に行きますか?ペット/動物には魂がありますか?

答え:
聖書は、ペット/動物に‘魂’があるかどうか、またペット/動物が天国にいるかどうかについては特に教えていません。しかしながら、聖書のいくつかの一般的な原則を当てはめ、この主題に少し光を投げかけて見ることもできます。 聖書は人間も(創世記2章7節)動物も(創世記1章30節;6章17節;7章15、22節)いのちの息を持っていると述べています。 人間と動物のおもな違いは、人間は神のかたちに似せて造られたということです。(創世記1章26−27節).動物は神のかたちに似せて造られたのではありません。 神のかたちに似せて造られたとは、神のように、霊性を持つ能力、知能、感情、意志などを持っていることです。そして、死後も続く面も持っているということです。だから もし、ペット/動物も‘魂’または、非物質的(霊的)な部分を持っているとしたら、それは人間のそれとは違った、より低い‘質’のものに違いありません。 この違いとは、動物の魂はたぶん死後も生き続けることはないという意味なのでしょう。

この質問を考えるに当たって、もうひとつの要因を考えなくてはなりません。それは、神は創世記で創造の過程の一部分として、動物を造られたということです。神は動物を造られた後、それはよかったと言われました。(創世記1章25節) だから、新しい地に動物がいるはずがないと思う理由はひとつもないのです(黙示録21章1節)。千年王国には、絶対に動物がいます。(イザヤ11章6節;65章25節).それらの動物の中に私達がこの地に生きているときに飼っていたペットがいるかどうかは、断言はできません。 神が正しいお方であることは私達は知ってるので、天国に行ったら、このことについて、神の決断がどうであれ、私達は完全に神に同意することでしょう。



日本語のホームページに戻る



ペット/動物は天国に行きますか?ペット/動物には魂がありますか?