多神教とは?




質問:多神教とは何?

答え:
多神教とは、多くの神々がいるという考えです。多神教は人類の歴史上、多分最も主要な 神についての概念だったと言えるでしょう。最もよく知られている多神教の例は、古代ギリシャ/ローマの神話です。(ゼウス、アポロ、アプロデイーテー、ポセイドンなど)多神教の最も明確な現代的例は、3億という神々を持つヒンズー教です。ヒンズー教は本質的には汎神論的ですが、多くの神々を信じてはいます。多神教の宗教でも、面白いことに、通常、一人の神が他の神々の上に立って支配しています。例えば、 ギリシャ/ローマ神話のゼウス、ヒンズー教ではブラーマン。

ある人たちは、旧約聖書では多神教を教えていると議論します。数箇所で「神々」と複数 で使っていることは認めます。(出エジプト記20:3;申命記10:17;13:2;詩篇82:6;ダニエル2:47)古代のイスラエルは、まことの神は一人しかおられないことをよく理解していましたが、しばしば彼らはそれが真実だと信じているようには生活していませんでした。いつも偶像礼拝や他国の神々の礼拝に陥っていました。それでは、これらの箇所や他の箇所で複数の神の事を述べているのをどう理解したらいいのでしょう?ここで、へブル語の”エロヒーム”は唯一まことの神にも偽の神々のことにも使われているのに注目することが大事です。このことばは、英語の”God”とほとんど同じ役目をするのです。

何かを”神”として叙述することは、それを本当に神だと信じているという意味にはなりません。  旧約聖書が神々について述べている大多数の箇所は偽の神々、つまり神だと主張していても本当の神ではない神々、について述べているのです。この概念は、第2列王記19:18に要約されています。「彼らはその神々を火に投げ込みました。それらは神ではなく、人の手の細工、木や石に過ぎなかったので、滅ぼすことができたのです。」 詩篇82:6-7にも注目してください。「わたしは言った。『お前たちは神々だ。お前たちはみな、いと高き方の子らだ。にもかかわらず、おまえたちは、人のように死に、君主たちのひとりのように倒れよう。』」

聖書の教えは明らかに多神教に反対しています。申命記6:4はこう言っています。「聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。」 詩篇96:5は、「まことに国々の民の神々はみな、むなしい。しかし主は天をお造りになった。」と宣言しています。ヤコブ2:19は、「あなたは、神はおひとりだと信じています。立派なことです。ですが、悪霊どももそう信じて、身震いしています。」と言っています。神はひとりしかおられません。偽の神々や神のふりをしている者もいますが、神は唯一ひとりしかおられないのです。



日本語のホームページに戻る



多神教とは?