イエスの御名において祈ると言うのはどういう意味ですか?




質問: イエスの御名において祈ると言うのはどういう意味ですか?

答え:
イエスの御名によって祈ることは、ヨハネ14章13−14節に教えられています。「またわたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、それをしましょう。父が子によって栄光をお受けになるためです。あなたがたが、わたしの名によって何かをわたしに求めるなら、わたしはそれをしましょう。」ある人たちは、祈りの最後に「イエスの御名によって」と付け加えることで、神が必ず願いをかなえてくださるものだと、この聖句を間違って適用しています。これは、「イエスの御名によって」ということばを、要するに何かのまじないの方式であるかのように扱うことになります。これは、絶対に聖書的ではありません。

イエスの御名によって祈るというのは、イエスの権威によって父なる神に私たちの祈りのとおりに行動してくださいとお願いすることなのです。つまり、御子イエスの御名によって御父の元へ来てお願いするのです。イエスの御名によって祈るとは、みこころにかなった祈りをすることと同じことなのです。 「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いて下さるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願うことを神が聞いて下さると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。」(第1ヨハネ5章14−15節)イエスの御名によって祈るということはイエスに栄光を帰すこと、イエスの栄光をほめたたえることを願って祈るということです。

祈りの最後に単に「イエスの御名によって」というのはまじないの方程式ではないのです。もし、あなたの願ったことや祈りの内容が神の栄光のためでも、みこころにかなったことでもないなら、「イエスの御名によって」と付け足しても何の意味もないのです。 イエスの御名によって誠実に、神の栄光のために祈る ことが重要なのです。祈りの終わりに、ある言葉を付け足すことは重要ではないのです。祈りにおいて重要なのはことばではなく、その祈りの裏にある目的が重要なのです。みこころと一致したことを祈ることが、イエスの御名によって祈ることの本質なのです。



日本語のホームページに戻る



イエスの御名において祈ると言うのはどういう意味ですか?