結婚前の親密さのレベルはどこまでが適当ですか?




質問: 結婚前の親密さのレベルはどこまでが適当ですか?

答え:
エペソ5:3には「あなたがたの間では、聖徒にふさわしく、不品行も、どんな汚れも、またむさぼりも、口にすることさえいけません」と書いてあります。どんなことでも性的な不品行を「ほのめかす」ことさえ、クリスチャンにはふさわしくありません。聖書には、何が「ほのめかす」ことになるのか、また特に結婚する前にカップルが肉体的にやっていいことは何かというような「リスト」はありません。しかしながら、聖書が特にこのことについて触れていないからといって、それは神さまが結婚前に「セックスの前段階の」行動を認めておられるという意味ではありません。基本的に「前戯」は人をセックスのために「準備万端」の状態にするためのものです。ですから、必然的に「前戯」は結婚したカップルにしか許されていません。「前戯」とみなされるものは何でも、結婚まで避けなければなりません。(ここでは詳細に触れる必要はありません。)

どんなことでもすべて、性的な行動は結婚したカップルにのみ限られなければなりません。結婚前のカップルは、何ができるでしょう? 結婚前のカップルは、セックスへと誘惑されるようなこと、または「前戯」とみなされるようなことは避けなければなりません。私は個人的に、手をつなぐこと、ハグすること、軽いキス以上のことをしないように、結婚前のカップルには強くアドバイスします。結婚してからのカップルがふたりの間だけで分かち合うことがたくさんあればあるほど、結婚生活での性的な関係が特別な、ユニークなものになるのです。



日本語のホームページに戻る



結婚前の親密さのレベルはどこまでが適当ですか?