結婚に適切な時とはいつですか?




質問:結婚に適切な時とはいつですか?

答え:
いつ結婚するのが良いかという時期は、各個人、また特定の状況によって異なります。成熟の水準と人生経験がさまざまな要因となります。中には18歳で結婚の準備ができていますが、その準備を絶対にしていない人もいます。アメリカの離婚率が50パーセントを越すようになってきたので、この社会のほとんどの人が、結婚を永遠の契約と見ないことは明らかです。しかしながら、これが、通常神の見解とは反するこの世の見解です。(第1コリンと3:18)

結婚が性交するためには、どうしても強い土台が必要です。人生の伴侶になるやも知れない人とデートを始める前に、この土台を決めておくべきです。私たちのクリスチャンとしての歩みには、教会の日曜礼拝、聖書研究への参加以上のことが含まれるべきです。イエスキリストを信頼して従うことを通して、私たちはまず神との 個人的関係を持たなければなりません。結婚に飛び込む前に、結婚について自分自身を教育し、神の見解を学ばなければなりません。

結婚の約束の前に、愛、契約、性的関係、夫と妻の役割、神が私たちに期待しておられること、などについて、聖書が何と言っているか をしらなくてはなりません。少なくとも一組のクリスチャン夫婦をその模範として持つことも大事です。年上の夫婦は、結婚の成功のためには何が必要かとか、どうやったら親密さ(肉体関係以上の)を築くことができるか 、信仰はどれほど貴重であるかなどの質問に答えることができるでしょう。

将来の夫婦はお互いを良く知っていることを確信する必要もあります。結婚、財政、姻戚、子育て、しつけ、夫と妻の義務、共働きかどうか、相手の霊的成熟のレベルなど各自の見解をしっかりと知っておくべきです。多くの人たちは、相手が自称クリスチャンだというだけで、彼らがクリスチャンだと信じます。後になって実はただ口先だけであったとわかるのです。結婚を考えている男女の誰もが、クリスチャンの結婚カウンセラー、または牧師によって婚前カウンセルを受けるべきです。事実、牧師の多くは、二人が何度かカウンセリングを受けに来ていないと、結婚式をしない規則にしています。

結婚は約束だけではなく、神との契約なのです。相手がどうであれ、豊かなときも貧乏な時も、健康なときも、病気のときも、太っていても、痩せていても、または退屈になっても、どんなときでもその人と残りの人生を共にするという約束です。クリスチャンの結婚はすべての状況の中でも持ちこたえるべきです。喧嘩、怒り、惨害、惨事、うつ状態、苦々しさ、依存症、淋しさなどを含めてもです。最後の手段としてさえも 離婚という選択もあるという考えで結婚するべきではありません。聖書は神にはすべてが可能だと教えています。(ルカ18:27)これはもちろん結婚についても言えます。初めに二人がずっと一緒にいることを決断し、いつでも神を第一にすると決心していれば、どんなに惨めな状況の中でも、明らかな解決法が離婚 ということにはならないでしょう。

神は私たちの心の願いを与えたいと願っておられることを忘れないでください。しかし、ただ、私たちの願いが神の願いと一致するときだけ可能になるのです。これは覚えておくべき重要なことです。よく、人はそれがただ「良いように感じた」という理由だけで結婚します。デートし始めのころ、結婚し始めのころでさえ、相手が自分のほうに来るのを見ただけで、心が躍る思いがしたりします。恋愛の頂上にいます。そしてあなたは、「恋愛」している気分を知っています。多くの人はこの気分が永遠に続くものと期待します。現実には、続きません。その結果、その気分が徐々に消えていくので、失望や、離婚にさえ至ることもあります。しかし、結婚に成功している人たちは、相手と一緒にいる興奮が消えていく必要はないことを知っています。その代わり、心臓のドキドキがもっと深い愛、強いコミットメント、より堅い土台、不動の安心感に変わっていくのです。

聖書は、愛は感情に頼らないとはっきり教えています。私たちに敵を愛せよと命令される時、明確です。(ルカ6:35) 真の愛は、私たちが、聖霊に私たちのうちに働いてもらうようにするときにだけ可能になります。聖霊は私たちの救いの実を私たちのうちに産み出してくださるのです。(ガラテヤ5:22-23)自分と自己中心に死に、私たちを通して神の光を輝かせることは日々決断することです。第1コリンと13:4-7で、パウロは、どのように人を愛すかを教えています。「 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてを我慢し、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。」第1コリンと3:4-7に書いてあるように人を愛す準備ができたら、そのときが結婚に適切な時です。



日本語のホームページに戻る



結婚に適切な時とはいつですか?