クリスチャンはこの世の音楽を聴いてもいいの?




質問: クリスチャンはこの世の音楽を聴いてもいいの?

答え:
上の質問は多くのクリスチャンが悩んでいることでしょう。この世のアーティスト達はとても才能にあふれていますから、この世の音楽を聴くととても楽しめるでしょう。この世の音楽にはとても耳に残るメロディーや、深い歌詞や、前向きなメッセージが含まれていたりします。この世の音楽を聴くべきかどうかを決める時に考えるべき点が三つあります。それは1)音楽の目的、2)音楽のスタイル、そして3)歌詞の内容です。

1)音楽の目的。音楽は神様の礼拝のためだけのものでしょうか、それとも神様は私達が音楽を楽しむ事や音楽を通してなぐさめを得る事も意図して音楽を創造されたのでしょうか?聖書に書かれている一番有名な音楽家はダビデ王で、彼は音楽を主に神様を礼拝するために用いました(詩篇4篇1節;6篇1節、54節、55節;61篇1節;67篇1節;76篇1節)。しかしながら、サウル王が悪い霊に悩まされた時には、落ち着くためにダビデを呼んで音楽を演奏させていました(第一サムエル16章14−23節)。イスラエル人たちも危険を伝えるために(ネヘミヤ4章20節)、また敵を驚かせたりするために(士師記7章16−22節)音楽を使いました。新約聖書ではパウロがクリスチャン達に音楽を通して互いを励ますようにと教えています:「 詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい」(エペソ5章19節)。ですから、音楽の第一の用途は神の礼拝であっても、他の音楽の使い方も聖書で許可されていると言えるでしょう。

2)音楽のスタイル。悲しいことに音楽スタイルという話題は多くのクリスチャン達が反対する話題でもあります。楽器の利用の全てに反対なクリスチャンもいれば、「昔ながらの」賛美歌のみを歌いたがるクリスチャンもいます。もう少しアップビートで近代的な音楽を好むクリスチャンやロックな音楽を通したほうが神様を礼拝しやすいと主張するクリスチャンもいます。これらの違いを個人的な好みや文化の違いと認める代わりに自分の好む音楽のスタイルのみが「聖書的」で、他の音楽は間違っていて、神様に喜ばれない、悪魔的な音楽だとまで主張してしまうクリスチャンさえいるのです。

ある特定の音楽のスタイルをとがめる聖書箇所はありませんし、特定の楽器が神様に喜ばれないという箇所もありません。聖書には多くの弦楽器や管楽器が登場しています。聖書にドラムや太鼓は出てこなくても、他の打楽器は登場しています(詩篇68篇25節;エズラ3章10節)。近代の音楽の大半は上記の種類の楽器の様々な組み合わせを様々なテンポや強調をもって演奏したものなのです。だから特定の音楽スタイルが神様に喜ばれないとか、みこころからそれている等という主張は聖書的にはできないのです。

3)歌詞の内容。音楽の目的やスタイルではクリスチャンがこの世の音楽に聞いて良いのかはっきりさせないので、次は歌詞の内容を考えて見ましょう。この箇所は音楽の事について書いているわけではありませんが、ピリピ4章8節は音楽の歌詞を考えることにはよいガイドになります:「 最後に、兄弟たち。すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。」これらの事を私達が考えるべきならば、音楽や音楽の歌詞を通して私達の頭に入れていい事もこれらの事です。この世の音楽の歌詞が真実で、誉れで、正しくて、清くて、愛すべき事で、評判の良い事、徳と言われる事、賞賛に値する事である事はあるでしょうか?そうならば、クリスチャンがそのような音楽を鑑賞することに何の問題もありません。

しかし、この世の音楽の多くはピリピ4章8節の基準にはかなっていません。この世の音楽はしばしば不品行や暴力をたたえ、きよさや誠実さをけなしています。ある歌が神様とは相反する物をたたえているならばクリスチャンはそれを聞くべきではないでしょう。しかし、この世的な音楽が神様の事を歌わなくとも、正直さ、聖潔や誠実さなど神様に喜ばれる事柄を高く上げることはあります。ラブソングが結婚の正しさや本当の愛の正しさをたたえるものならば、それが神様について歌っていなくてもそれを聞いて楽しむ事はなんの問題もないでしょう。

人が心や頭に入るのを許す事の一つ一つが遅かれ早かれ、やがて彼の言動や行動に影響するのです。この良い考え方を形成するという概念がピリピ4章8節やコロサイ3章2、5節の裏にあるのです。第二コリント10章5節では「私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに服従させ」るべきだと書いてあります。これらの箇所が私達が聞くべきではないタイプの音楽が何であるかを示しているのです。

もちろん、一番好ましい音楽は神様を褒めたたえる、神様に直接栄光を帰する音楽です。才能にあふれたクリスチャンアーティストはクラシックからロック、ヒップホップからレゲエまで、どのジャンルにもいます。どんなジャンルの音楽が特に悪いなんて事はありません。音楽がクリスチャンが聞いても良いものかどうかを決めるのは歌詞でしょう。聞いていて何か神様に喜ばれない事をしようという思いにされるような音楽は避けるべきです。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンはこの世の音楽を聴いてもいいの?