セラフィムとは何ですか?セラフは天使ですか?




質問: セラフィムとは何ですか?セラフは天使ですか?

答え:
セラフィム(炎のような、燃えているもの)は、天使のような存在で、神がイザヤを預言のミニストリーに召されたときに預言者イザヤの見た神殿にいる神の幻と関わっています(イザヤ6:1−7)。イザヤ6:2−4には、次のように記録されています。「セラフィムがその上に立っていた。彼らはそれぞれ六つの翼があり、おのおのその二つで顔をおおい、二つで両足をおおい、二つで飛んでおり、互いに呼びかわして言っていた。『聖なる、聖なる、聖なる、万軍の主。その栄光は全地に満つ。』その叫ぶ者の声のために、敷居の基はゆるぎ、宮は煙で満たされた。」セラフィムは、絶え間なく神を礼拝する天使たちです。

聖書の中で特にセラフィムのことが言われている箇所は、イザヤ6章だけです。それぞれのセラフには六つの翼がありました。その二つで飛び、二つで足をおおい、二つで顔をおおっていました(イザヤ6:2)。セラフィムは神が座しておられる御座のあたりを飛び回り、神の栄光と尊厳に人々の注意を向けさせながら、神への賛美を歌っていました。彼らは、イザヤが預言のミニストリーを始めるにあたって、明らかにイザヤを聖めるためにも奉仕しました。セラフィムのひとりが燃えさかる炭をイザヤのくちびるに触れて言いました。「見よ。これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの不義は取り去られ、あなたの罪も贖われた。」(イザヤ6:7)ほかのタイプの聖なる天使たちと同様に、セラフィムは神に完璧に服従しています。ケルビムと同じように、セラフィムも神を礼拝することに特に焦点を当てているのです。



日本語のホームページに戻る



セラフィムとは何ですか?セラフは天使ですか?